FC2ブログ
看護師であり乳がん患者でもあります。家にいるにゃんず3匹と、仕事の話、お金の話、乳がん治療のその後の話など、日常のアレコレを記録していきます。
2013-10-24 (木) | 編集 |
すっかり元気そうに暮らしているけど、

時々は
「ワタシってやっぱりガン患者」
って思い知ることはある。



例えば、2年経った今
某ウィッグメーカーのケアキャップ等通販カタログが
すっかり忘れた頃に、
自宅にポンと、届いた時。
(あぁ、このメーカーからケアキャップ購入したのよね、、、、)




今週の近所のママ友宅でのお茶会の時、
「◯◯さん、子宮ガン再発しちゃったんだって。今度は抗がん剤治療始めるらしいよ。
髪が抜けるからウィッグを買うんだって。可哀想だね」
って、共通の知人の再発のうわさ話をもちかけられた時。

心が「チリッ」と痛む。
ワタシもこのママ友に初発時、正直に告白していたら、
こうやって別な場所で別のママ友に噂話をされていたんだろう。
悪意がなくても「可哀想だね」ってやはり言われたんだろうか。



病院に勤務していても、
ドクターの なにげない会話を小耳にしては
時々「チリッ」と心が痛む事がある。

「同じHER2陽性でもホルモンレセプターの無い患者さんの方が、化学療法の効果ありますね。」

トリプルポジティブよりもHER2タイプの方が一般に化学療法がよく効くというデータは
もちろん何処かで見聞きした事はあったけど、

主治医が話しているの聞いちゃうと
やはり複雑だなぁーーー





アンタね、
いちいち細かい事を気にしていたら
日常やってられないよ〜。
ある意味、「鈍感力」だよ!
そう自分自身に言い聞かせて
今日も仕事に行ってきます。








にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ



スポンサーサイト