FC2ブログ
看護師であり乳がん患者でもあります。家にいるにゃんず3匹と、仕事の話、お金の話、乳がん治療のその後の話など、日常のアレコレを記録していきます。
2013-07-21 (日) | 編集 |
今まで一度も参加したこと無かったけれど、
『乳腺外科合同カンファレンス』
に参加してみました。

この合同カンファレンスは、
うちの病院だけじゃなく、近郊の病院の乳腺外科医師、研修医
病理診断医、細胞検査技師、放射線技師等が集まって(難しい)症例を報告
治療方針などを確認、相談する事例検討会であります。



先日、勤務中の◯◯先生から
『ぴこさんも参加してみない?今回は私が症例を出すから』
と声をかけていただいたのです。



先生のカンファで発表した症例は、すぐピーンと来ました。
先生の担当する乳がんのAさんと、Bさん。

それぞれ別々に複雑な『ある事情』がありました。
(詳しくは守秘義務があるので書けませんが)



『どの選択がこの患者さんにベターな治療なのか』と、
一筋縄でいかない事情がある患者さんに、
医師も悩みながら、考えながら、他院の医師にも相談にのってもらいながら、
確認しながら、治療に当たってくれているんだ〜と、
しみじみ感じた時間でした。


この合同カンファレンス、19:30から始まって、
終わったのは21:00すぎでした。




帰り際、
ワタシも乳がんサバイバーとしての経験や想い、
看護師としての立場と、

微力ながらも先生に協力できたらいいなと
思いを新たにした一日でした。








にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ


スポンサーサイト