FC2ブログ
看護師であり乳がん患者でもあります。家にいるにゃんず3匹と、仕事の話、お金の話、乳がん治療のその後の話など、日常のアレコレを記録していきます。
2013-07-29 (月) | 編集 |
今日7月29日はワタシの手術記念日。

ワタシが乳房切除術(全摘)を受けてから、
2年の月日が過ぎたのだ。





あの日、朝1番の手術だった。

いつもなら手術室の奥深くに待機して
手術を受ける患者さんを、待ち構える方の立場だったのに、
(手術室ナースだったから)


あの日だけは違ってた。


手術室の後輩ナースがずらっと1列に並んでいる前を
ワタシは手術室5番の部屋に向かって点滴台を押しながら歩いてた。

手術室5番の部屋の、中央に置かれている手術台に
さっさと自分で乗って、仰向けになった。

自動血圧計を装着し心電図モニターの電極やBISモニターを貼られたりする時間が
とてもじれったく感じていた。

麻酔科医師が点滴ラインから
プロポフォール(マイケルジャクソンが死亡したあの麻酔薬)を注入している間、
『早く眠らせて~』
そう心の中で叫んでた。

手術をさっさと終わらせて、
早くあの場所から去りたかったのだ。










暗闇のなか、
『ぴこさん、ぴこさん』
ワタシの苗字を呼ぶ声がした。

ワタシの口の中から喉にかけては、『ラリンジアルマスク』という
人工呼吸用の太いチューブが挿入されており
これが口に入っている間は言葉を発する事は出来ない。


ワタシは目を開けて、『あぁ手術が終わったのだ』と理解した。
直後に麻酔科医師がラリンジアルマスクを引き抜いた。



ワタシは
『センチネルリンパ節はどうでしたか』
この質問が第一声だった。

ベッドの周りにいた麻酔科医師と後輩ナースは、覚醒後いきなり話をしてきた患者に
ぎょっとしたようだった。



その直後、
ワタシは自分に、ドレーンが2本入った事実を告げられたのだ。














あの瞬間から、ワタシの闘いは始まった。

今でも時々ツキーーーンと腋窩の傷が痛む瞬間がある。

あと何年経ったら、、、この痛みは無くなるのか。

あと何年経ったら、、、この違和感は軽減するのか。


受容して共存するしかないんだよ。 (もう一人のワタシが言う)





本当はわかっているけど。







にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ