FC2ブログ
看護師であり乳がん患者でもあります。家にいるにゃんず3匹と、仕事の話、お金の話、乳がん治療のその後の話など、日常のアレコレを記録していきます。
2013-03-24 (日) | 編集 |
チャチャの入院にて、
すっかりブログの内容が暗くなってしまいました。

昨日動物病院から電話があるまでは
ワタシ本当にドン底までメンタルが落ちまくっていました、、、、。



夕方動物病院に面会に行きチャチャの様子を見てきましたが
胃カメラを受けた為か、麻酔の影響なのか唾液がダラダラ〜出ており
まだ可哀想な様子でした。

それでも肝心の腸閉塞症状は
少し改善している?ようです。
今は手術せずに様子をみていきましょうとの事。



チャチャは何か『異物』を食べてしまったようです。
その詰まっていた『異物』がもう少しで排泄されるかも?

腸閉塞の原因、チャチャの食べてしまった『異物』って一体何だろう。

チャチャはクロス(壁紙)やカーテンを破くしかじるし、
布製のオモチャもクロック◯のサンダルも、ゴム類もかじるし、
一体何が排泄されてくるのか?

手術にはならずに、無事下から排泄されるよう祈るばかりです。


しかし本当に飼い主である我が家の責任です (T ^ T)


今更後悔しても遅いのですが、、、、
今後かわいいニャンズのために、気をつけねば。








チャチャの入院がなかったら
UPしようと思っていた話。



ワタシも元気が戻ってきたのでUPしますね〜。








火災が起こった時の、防火(防煙)シャッターってご存知ですか。
防火シャッターや防火扉、避難扉が病院内には沢山設置されています。
(建築基準法の関係?)

あの震災の日に、
この防火シャッターが大きな地震のゆれを感知したあと
作動(誤作動)したんです。

誤作動してシャッターが閉まっても、隣に『避難扉』がありその扉から出入りできるんですが
人間は防火シャッターが閉まり出すと、プチパニックになりそこを無理して潜(クグ)ろうとするようです。



この下のイラストの人のように。

img_illust_bcp02_04_L[1]イラストお借りしました



あの地震の日、
外来にて老婦人がシャッターの下をくぐって
向こう側へ脱出しようとしていました。



それをN看護師が制止していました。



img472  ①



その後、、、、
N看護師は、
避難扉から向こう側へ行こうとする男性を発見します。



img476  ②



大声で叫ぶN看護師。



img478  ④



病院長でした。



地震直後の見回り(巡回)をしていたんだそうです。


病院長を『おじいちゃーん』と呼んでしまったN看護師。



ワタシも結構『すっとこどっこい』ですが、N看護師ほどではないな、、、。





にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ


スポンサーサイト