FC2ブログ
看護師であり乳がん患者でもあります。家にいるにゃんず3匹と、仕事の話、お金の話、乳がん治療のその後の話など、日常のアレコレを記録していきます。
2012-10-28 (日) | 編集 |
今日は茨城県の 国営ひたち海浜公園に出かけていました。




この時期は、

『みはらしの丘』の『コキアの紅葉』が有名ですが、

コキアの紅葉はもう終わりかけでした。


それでもコスモス畑とのコントラストがすごくキレイです。

癒されます。


公園はとても広くて、
ここまで歩くのも運動になります。



DSCF0381  ②



DSCF0376  ①



昨夜の乳腺病理の講演会ですが、
看護師のワタシにはやはり難しい内容でした。



治療の話は全く無し。

乳腺の病理診断スタッフに対しての(本当に)講演でした。


浸潤性乳癌の代表でもある
乳頭腺管癌 • 充実腺管癌 • 硬癌、この3種類の顕微鏡スライドをUPして
その特徴をオリジナルのアニメーションを加えて説明され、
そこはとても理解しやすかったです。
(残念ながら〜写真は撮れませんでした)



病理外来の話もありました。
(セカンドオピニオン とほぼ同じと考えてください)

病理外来には、乳癌の患者さんがとても多いそうです。
まぁ乳癌患者が増えているんでしょうけどね。

同じように男性の前立腺癌も増えてはいるが、
男性は病理外来にはマッタク来ないそうです。



病理外来に来る女性は、

『本当に自分は乳癌だったのか』
『他の人と取り違われたのではないか』
『非浸潤性乳癌で早期だと言われたのに、どうして自分は乳房切除(全摘)なのか』

などの質問が多いとの事。
『女性は男性と違って騒ぐんですねェ、、、、、』と先生苦笑い。
ハイ、ワタシも騒ぎます、、、、聞いてて耳が痛いです(笑)



病理外来、興味あるぅ〜、
ワタシもうちの病理診断医から、ワタシのプレパラートの話聞きたい〜。

どんなに顔つきの悪そうな『ガン細胞』だったか、
実物見ながら説明受けてみたい。

でも実際見てみると、あまりの悪そうな顔つきに、
その主(あるじ)として落ち込むかナ、、、、、。






にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ