FC2ブログ
看護師であり乳がん患者でもあります。家にいるにゃんず3匹と、仕事の話、お金の話、乳がん治療のその後の話など、日常のアレコレを記録していきます。
2012-09-22 (土) | 編集 |
8月に職場の健康診断があったことは以前ブログにも書いたけど、その際
『ヘリコバクター・ピロリ菌検査』も受けていた。

毎年人間ドックで胃カメラはしていたけれど、ピロリ菌の検査は実はうけていなかったの。



ヘリコバクター・ピロリ菌とは、胃粘膜にすむ菌で、幼児期の経口感染などが原因と考えられている。
(幼児期に井戸水を飲んでいた、親が口で噛み砕いだものを離乳食として受けていた)
日本人の50歳以上の80%がピロリ菌に罹患していると考えられています。

ヘリコバクター・ピロリ菌が慢性的に持続することで、胃がん発生との関わりの強い萎縮性胃炎、胃潰瘍や十二指腸潰瘍といった病気が起こりやすいとされている。



去年は乳がんで、
今年ヘリコバクター・ピロリ菌検査も陽性だったらダブルで凹むなぁ~と、プチ心配だった。
心当たりがあったから。
ワタシの血縁では胃がんの患者は祖父とその弟達など、明らかに胃がん家系だったからだ。



検査の結果がスタッフに返ってきて、各職場ではみなそれぞれ

『子供の頃、実家は井戸水だったけど大丈夫だったわ~』  とか、
『ピロリ菌いたの!除菌しなくっちゃ!』とか、、、、その日1日中話題でした。



ワタシの実家は子供の頃井戸があったので、井戸水も多分飲んだだろう、、、と思っていました。
もしかしたら、ピロリ菌持っているかも、、、確率は高いかなと考えていましたが、、、、

img299.jpg

今回、結果は陰性(-)でした。
胃がんリスク検診もA群(胃粘膜は健康的・胃がん発生頻度はきわめて少ない群)と診断されました。

とりあえず、胃がんの心配はないようです。




一生のうち、人の罹患する『ガン』が一種類だけ・一回だけって決まっていたらいいのになぁーって思う事がある。
(もちろん、、、、全く『ガン』なんて一回もならないにこしたことないけれど。)
ダブルキャンサーにしても、再発にしても、全く別の癌にしても、、、何回もは辛いよね。
あぁぁ、、、、、、時々考える事。





にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ


注: ピロリ菌がいると診断されても、
   抗生物質などの投与(内服治療)を受けることによって、
   除菌は可能です。  
   胃潰瘍・十二指腸潰瘍などの症状がある場合は、
   この除菌治療は健康保険の対象になります。
   しかし症状がない除菌治療希望の場合は自己負担になります。
(あめたいさん、ご指摘ありがとうー!修正しました。)

スポンサーサイト