FC2ブログ
看護師であり乳がん患者でもあります。家にいるにゃんず3匹と、仕事の話、お金の話、乳がん治療のその後の話など、日常のアレコレを記録していきます。
2012-09-14 (金) | 編集 |
Ki-67値とはガンの進行スピードを知る指標、細胞増殖能のマーカーであります。

このKi-67値と腫瘍の悪性度には正の相関関係が認められており、乳ガンのタイプ分類において重要な評価項目とされています。




このKi-67値の、プチな話。

自称、『妄想看護師』なワタシの忘備録としてupします。



最近ワタシのブログにKさんから、

『自分のKi-67値は61.4%もありました』とのコメントを頂いた。

それに対してのワタシのリコメは

うちの病院のki-67値は、標本のあちこちから採取して調べて、その中で一番高い値を載せるんです。
だから例えば10%とか、40%とかピッタリの数字なんです。Kさんの値は少数点があるので、そちらの病院の病理は平均値を出すのかな?と思いました。


こんな事をコメントしてしまった。

ワタシは今までKi-67値と言うと、10%とか30%とか80%とか、、、キリのイイピッタリな数字しかお目にかかった事がなかった。

特に小数点のあるKi-67値は初めて知ったので、
『これはきっと平均値を算出しているに違いない、、、、』
と小学生レベルの発想でこんなコメントを入れてしまった。



うちの病院の病理検査室の場合、
Ki-67値は、顕微鏡下で手作業で細胞数を数えている(カウントしている)らしい、と言う事は聞いていた。

それを数えているのはスクリーナー(細胞検査士)さんかなと、、、、勝手に想像していた。



先日そのスクリーナーさんが外科外来にいらした時に、これ幸いと質問攻めした所、
全然違う事が判明したのだ。

Ki-67値は病理診断医が手作業でチマチマとカウントしているんだそうです。(うちの病院の場合)



(他病院の)Ki-67値の小数点の謎も聞いて見た。

そしたら、、、61.4%という数字から推測すると、その数字を出せる病院は有名病院で、その病理室には(地方の総合病院では買えない)高価な診断機械(画像分析システム?自動解析装置?)があり、Ki-67値を自動測定している、、、との事でした。

ギャーーーー、ワタシ平均値を出しているなんていいかげん&アナログな事偉そうにコメントしてしまったわ。タラー



Kさんごめんなさい~  m(__)m





にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ


注 : 今回は手作業でカウントした数字と、自動解析装置で調べた数字と、
    どちらが正確か?とか、どちらかをお勧めしている、という内容ではありません。

スポンサーサイト