FC2ブログ
看護師であり乳がん患者でもあります。家にいるにゃんず3匹と、仕事の話、お金の話、乳がん治療のその後の話など、日常のアレコレを記録していきます。
2012-08-13 (月) | 編集 |
イタリアでぜひとも撮りたい写真があった。

それはピサの斜塔の写真、、、、、



DSC00268手を振っている
この方たち、横断歩道を渡っているんじゃないわよ。



DSC00273盆踊り
この彼女も、ピサで盆踊りを踊っているんじゃないわよ。



DSC00271お手手
この彼女も、『No、No!』って言っている訳じゃないのよ。



ピサの斜塔を支えているのよー
(支えている様に見える写真を撮っている)



ワタシ46歳の女の古だけどぉ、私も負けずに撮るわよ〜。
さあ娘、母を撮りなさいっ!
DSC00264ママと斜塔 (娘はドン引き)



皆様『ぴこるるナースって、やっぱり変人だわーーーー』と、呆れるでしょうが、
ピサに行ったら、観光客がするお決まりのポーズなのよ~。

イタリア人も、アメリカ人もドイツ人もみんなしているのよ~。
ワタシだけじゃないからねーーー




「ピサの斜塔」で凄く有名だけど、本当は『鐘楼』なのよ。
すぐそばには美しいドゥオモや洗礼堂もあるんです。
こちらも観光できます。
DSC00237ピサのドーモ


外にいるとあまりにも暑くて溶けそうなので、
涼むのを兼ねてドゥオモの中も見学。

DSC00245ドーモの祭壇
これはジョヴァンニ・ピサーノ作の説教壇。緻密だ~。

DSC00242ふりこ
こちらは『ガリレオのランプ』
ガリレオが振り子の法則を発見するきっかけになったランプという話が定説になっておりますが、実際はガリレオよりも後の時代に作られたランプだそうです。









ピサの観光を終えた後は、フィレンツェに向かいます。
DSC00314フィレンツェ

フィレンツェには江國香織と辻仁成の小説「冷静と情熱のあいだ」で有名になった、あのドゥオーモがあります。
はい、ここからBGMは『エンヤ』ですよ~。

DSC00292ドーモ
ドゥオーモに登ったら、、、、あのクーポラでまってたら、、、、竹野内豊が現れるかしら、、、、、
(現れません)


ウフィッツィ美術館も見学しました。
こちらはメディチ家歴代の美術コレクションを収蔵する、質・量ともにイタリア最大の美術館です。
特に、ボッティチェリ・レオナルド・ミケランジェロ・ラファエロなどのイタリアルネッサンスの巨匠の絵画を中心としたコレクションが有名です。

中でも、ボッチチェリの「春プリマヴェーラ」と「ヴィーナスの誕生」が楽しみでした。

DSC00306春
教科書で誰もが知っている絵画であり、
大好きでしたので実物を見学できた事に感謝です。

DSC00303橋

アルノ川にかかるポンテ・ヴェッキオ橋。(川の色がイマイチ、、、、、)




フィレンツェは屋根の色がオレンジに統一されていて、街並みがとても綺麗、、、、。

いつか、、、、、再びゆっくりと、時間を気にせず観光したいと思う街でした。



イタリア旅行記はまだ続く、、、、





にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ




スポンサーサイト