以前はドSな手術室ナース。今はM気味な外来ナース。しかし家に帰るとにゃんず3匹を溺愛する、妄想好きのオタクな女の古(←こ)なのよ〜。2011年からの乳癌治療の話もちょっとだけね。
2012-08-31 (金) | 編集 |
今週疲れております。ブログの更新がままなりません。

しかし
今日8月31日は忘れられない日です。

去年のこの日、始めての抗ガン剤点滴を受けましたから

乳癌だと確定した日(告知を受けた日)
手術を受けた日
始めての抗ガン剤の日


ワタシにとってこの3つが「乳がん」三大記念日です。
人生にとって一大事の日でした。
気分は「えらいこっちゃー、えらいこっちゃー」でした。
(どこの地方のお方?という質問はナシよ)


始めての抗ガン剤の日(去年の今日)は、
私は前日ポート手術を受けていたので、一泊入院していました。
午後、抗ガン剤 のEC療法を受けたのちに、一人で退院し自分で車を運転して帰りました。

夜、ものすごい気分不快に襲われました。
トイレに行って吐こうとしましたが、、、、何も出ませんでした。

微熱・頭痛と気分不快と嘔気が強かった。
家族にこの辛さを訴える事も出来ずに、アイスノン抱えて悶々と固まっていました。


EC療法4クールの中では、副作用は1クール目が一番キツく感じましたね。


あとで学習したのですが、私は、イメンドをもらって抗ガン剤点滴前に飲んでいたのですが、もう夕方になると、イメンドの効果が薄くなるのでしょうね。

頓服の吐き気止め「ゾフランサイディス」を夕方(予防的に)飲んだ時は、嘔気がずいぶんましでした。

今思い返せば、、、、4クール目の抗がん剤が、ワタシにとっては一番楽でした。



ワタシは手術室勤務が長かったのでがん病棟の勤務経験は乏しく、
抗がん剤点滴中の患者さんのケアをたくさんしてきたわけではなかったんだけど、、、、

それでも、
『今まであの患者さん達はこんな苦しい思いをしていたのね、、、、、
  わかっているようで、わかっていなかったよ、、、、、
って、自分が経験してすごく凄く感じたなぁ。


そういう意味でも、
この8月31日はワタシが(今さらながら)成長した日でもあります。







私の仕事(外来看護師)は一日中立ちっぱなしなのですが、
今週は疲労が強いような。
この疲れやすさはハーセプチンによる心機能の低下によるものか、、、、、なんて、
よからぬ妄想をしてみたり。




コメントのお返事・FCブログの拍手ページの返事、遅くなりますがお待ちくださいませ。
今日お仕事行ったら、、、、、週末には復活します。





にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ