FC2ブログ
看護師であり乳がん患者でもあります。家にいるにゃんず3匹と、仕事の話、お金の話、乳がん治療のその後の話など、日常のアレコレを記録していきます。
2012-07-14 (土) | 編集 |
今日、7月14日はワタシの『乳癌』告知記念日。

あの日から、ワタシの運命が変わった気がする。




去年の6月に右胸のシコリに気が付いた。

img236.jpgシコリに話しかけてみた


生理前と言う事もあり、生理が来ればシコリは触れなくなるのでは、、、、
と考えてたワタシ。

でも、生理が終わってもシコリの固さに変化はみられなかった。



7月2日に勤務先でない病院を受診。
マンモグラフィー・乳エコーの後、穿刺吸引細胞診をうけた。

診察した医師も、
『よく動くシコリですし、悪いものではないでしょう』
との診断だった。

結果聞きの予約は2週間後の7月16日の予定でした。
でも、細胞診の検査に2週間もかかるはずないって知ってたワタシは、
病院に電話して、2日早く14日に受診したのだ。

名前を呼ばれ、診察室に入ると、医師はまだいなかった。
電子カルテのパソコンの前に、検査結果『報告書』がペラッと置いてあった。

img234.jpg


実物がこれよ~
     
img238.jpg

Class Ⅴ
まぎれもなく癌だった。


この報告書を見たあの瞬間から、
ワタシの人生が大きく変わった気がするなぁ~


その後
乳癌の手術を『自分の勤務する病院』で受けると決意したので、
診療情報提供書(紹介状)を書いてもらい、

『自分の勤務する病院』に受診したのが、7月19日。
これは19日の乳房超音波の画像。
       
DSC00003エコー画像

もちろん黒く丸い固まりがシコリよ。
シコリの中に白い横に並んだ点々は、サイズ5㎜間隔。

DSC00012.jpg

手術する前なのに、この超音波画像だけで
浸潤性乳管癌のなかでも、『充実腺管癌』solid-tubular-carcinomaとわかるなんて、
検査技師さんスゴイと思ったわ。(よく見ると報告書に書いてあるのよ)

しかし、、、こんなに親シコリ、娘シコリが生息していたとは。
エッヘン 大家族なワタシのシコリ
ビックダディーもビックリしないか、、、、

ワタシの乳癌、
充実腺管癌って、間質に乏しく他の組織型に比較して軟らかいのが特徴だそう。
硬癌が比較的小さい腫瘤でも発見されるのに対して、

充実腺管癌は、ある程度の大きさにならないと触診で発見されるのは困難

なんですと。

まさに、、、、どんぴしゃでした。




昨年7月14日から私と乳癌のお付き合いが始まった訳ですが、
辛い事も多かったのですが、楽しい事もありました。

21歳で看護師になってから、夜勤ありフルタイムでガッツリ24年以上働いていたものの、
思わぬ療養休暇(半年間)をいただきました。

旅行にも行ったし、昔の同級生にも会えたし、ゆっくりさせていただきました。

ブログをはじめて、、、、
たくさんの同病の方とお知り合いになり、、、、
たくさんコメントをいただき、たくさん応援クリックも戴きました。

すごく、スゴク嬉しかったです。
感謝し足りないくらいです。

今後もがんばって更新してゆくつもりです。

宜しくお願いします。




にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ


スポンサーサイト