FC2ブログ
看護師であり乳がん患者でもあります。家にいるにゃんず3匹と、仕事の話、お金の話、乳がん治療のその後の話など、日常のアレコレを記録していきます。
2012-07-12 (木) | 編集 |
検索ワードで、「CVポート」でこのブログにたどり着く方がおられるようです。

先日も『のんさん』より、CVポートについてのご質問を受けました。
今日はCVポートの事をちょっと書きたいと思います。



ワタシは去年の8月30日にポート増設しました。
翌31日に術後抗癌剤の第1回目をポートから入れました。
   (1泊入院し、抗癌剤いれて夕方退院)
ポートの手術は局所麻酔で、1時間かからずに終了でした。
ブログ村の中には、全身麻酔でポートを入れた方もいらっしゃるようですね。

乳腺の主治医でなく、ポートは放射線科の医師(30歳代)が行いましたが手技はベテランだったようです。
超音波の器械で確認しながら透視下で行いました。
痛みはさほどではなかったです。

ポート手術中に顔に覆いが掛けられてしまうのが、不安だった、、、という方もいるようです。
通常は右鎖骨下に入れますが、ワタシは右乳癌を手術しているので、左鎖骨下に入れました。
  (腕に挿入するポートもあるし、疾患によっては腹部に留置するポートもある。)

デコルテの開いた服を着てもギリギリ見えない位置です。
左に入れる方が難しいと言われていますが、ワタシは車の運転をするので、運転席に座った時にシートベルトが当たらないので左で助かっています。
  (右鎖骨下だと運転席のシートベルトに当たるかもしれません。)

埋没縫合なので抜糸はありませんでした。
ポートから抗癌剤は全て入れているので治療で腕の血管が固くなることもなく、変色もなく、半袖を着ていても、看護師の仕事していても不快なことはないです。ワタシにとってはポートは正解でした。

採血などの看護師業務をしていた時に、ワタシの腕の血管が変色していたりしたら、
採血を受ける患者さんはたぶん???と思った事でしょう。

デメリットは、ポート側(健側)のマンモグラフィーが撮影出来ないことです。
それに治療が終了したら抜去手術をまた受けなくてはなりません。(傷跡が残ります。)
通常、抜去手術は日帰りです。

またポートのカテーテル部分が体内で切断されてしまう事もあるそうです。
『ピンチオフ』と言います。
おそらくは製品の不具合によるものではないかとワタシは思いますが。
その場合は摘出手術を受けなくてはなりません。


ワタシは治療(ハーセプチン)が終了してもすぐ抜去せずにしばらくは残しておこうと考えています。
再発にそなえてです。
抜去後にすぐ再発して、
『あの時、CVポート抜去しなければ良かったかも、、、』
と、後悔したくないのです。
用心深いというか、、、残しておく事が御守というか。
治療に関して、後で後悔する事は避けたいの。

ポートを残しておく場合、
定期的に『ポートフラッシュ』という手技を病院にて受けなくてはなりません。
ポートに10cc位の生理食塩水(もしくはヘパリン入り)の注射液を流してもらいカテーテルの閉塞を防ぐのです。
これを時々していないとポートが身体に残っていてもいざという時使えません。

ポート挿入後、患者用携帯カードを受け取りました。
自分のポートのロット番号などが記載してあります。
ポートが入っていてもMRIも撮影出来るし、飛行機の搭乗セキュリティーゲートで引っかかる事もありませんでした。

だいたい思いつく事を、チャチャッと書いてみました。
これからCVポートにて治療を受けようとする方の、参考になれば幸いです。
ご質問あれば、メールフォームからもお気軽にどうぞ~

過去記事・写真も参照してくださいね。1月15日のブログ



にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ


スポンサーサイト