以前はドSな手術室ナース。今はM気味な外来ナース。しかし家に帰るとにゃんず3匹を溺愛する、妄想好きのオタクな女の古(←こ)なのよ〜。2011年からの乳癌治療の話もちょっとだけね。
2012-06-27 (水) | 編集 |
お恥ずかしながら、、、、、

重い腰をあげて、タモキシフェン内服患者にとって宿命の
あの子宮体癌検診に、今頃いってまいりました。

昨年7月に子宮頸癌検診・今年の2月に人間ドックでまた頸癌検診と、
頸癌は受けているものの、体癌検査は一度も受けていなかったのよ〜。

『体癌検査はとても痛かった』という皆様の感想ばかり目にしていたものですから、、、

『そうなんだ、すごく痛いんだ、どうしよう
 あの、、お股自動開脚装置から痛さのあまり転げ落ちてしまったら。
 看護師として恥ずかしい~』

そんなことばかり 妄想 考えておりました。



そのお股自動開脚装置(ワタシが勝手に命名)はこれよ~
      
DSC05533ギネ椅子

まずこのかわいいピンクの椅子に、パンティー脱いで座ります。(キャーはずかしいわ)

次に、この椅子の角度が変化するのよ~。

DSC05532ギネ椅子②


いやん、、、寝せられちゃったじゃないの~。(//∇//)

やめて~、はじめてなの~、ヤサシクしてね。(//∇//)



そして痛いと噂の、この器具を入れられちゃうのよ。
8520_1クスコ


クスコー氏膣鏡っていうんです。
なんでもフランス人のクスコーさんが発明(考案だったかな)したらしい。

いちおうサイズがあるのよ。SとかMとかLとかね。

えっ、、、ワタシのサイズはどれかって?
ふっふっふ、、、!内緒よ。
もう、Sサイズでないのは確かね!

子宮体癌検査はは『子宮内膜組織採取』
子宮頸癌検査はは『子宮経管粘液採取』をしたの。
あとコルポスコピー(膣拡大鏡検査)と、経腟の超音波検査ね。

ゼッタイ痛いんだ~痛いんだ~と思っていたら、
『あらっ、終わっちゃったわ』

思ったより痛くなかった~。どうしてかな。



少し調べたら、、、、、
出産経験者にはあまり痛くないらしいわ。

あとね、細胞診だから痛くないらしい。

すこし内膜の肥厚とかあやしい場所があった場合細胞診でない
組織診をされるともう少し痛いらしいです。(内膜を摘まんでくるからね~)

その後1日位は出血(血性のおりもの)がみられましたが、
でも腹痛とかはまったくナシ。

はじめての子宮体癌検査。
昨日病院から『異常なし』との電話をいただきました。

はぁ~良かった

皆さんも(ホルモンヌは特に)(ホルモンヌ以外も)、ワタシみたいに躊躇されている方がいたら、ぜひ行って見て下さい。
それほど痛くなかったですよ。




皆さんのクリックが更新の励みになります~
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ