FC2ブログ
看護師であり乳がん患者でもあります。家にいるにゃんず3匹と、仕事の話、お金の話、乳がん治療のその後の話など、日常のアレコレを記録していきます。
2012-05-25 (金) | 編集 |
新しく腕時計を購入した。

いままで使っていた腕時計が、調子悪くなったからだ。

採血をする際、ディスポーザブル(使い捨て)の手袋を装着するのだが、1回の採血ごとに手袋の装着と脱着を繰り返しているうちに、腕時計のネジ部分に手袋が何度も引っ掛かかり、その繰り返しでどうやら腕時計が狂ってしまったのだ。




看護師にとって、腕時計は重要な仕事の必須アイテムだ。
(と、ワタシは思っている)

持ってないとけっこう困る。


看護師の中には、キーホルダータイプの時計を、胸ポケットから下げていたり、
ウエストのポケットに下げていたりする方もいるけれど、
ワタシは腕時計派なのよ。とくに秒針があるタイプが好きなの。

外科外来に勤務移動になって、いよいよ腕時計が必要になってきた。



実は今年の2月、結婚20周年だったのだけど、夫に、
「結婚20周年記念にワタシに腕時計を買ってくれ〜、
  パパッチ(夫の事)と同じタグホイ○ーのがいいわ」
とダメ元で言って見たけど、やはり一蹴されてしまった。 

ちっ。





仕方ない、自分で購入するしかない。

それから何軒かお店を見てあるった。
そしてデザインもまあまあ気に入って、お値段も自分としては許容範囲内の、セイ○ーの腕時計を購入した。




さて家に帰って、前の腕時計をどうしようか、、、、と考えた。

海外の何十万もする高いブランド品の腕時計だったら修理に出して使うんだろうけど、
今まで私が使っていた時計は高くてもせいぜい2万円ぐらいのもの。

『修理に出すよりも、新しく購入した方がいいですよ』
そう、お店の方に勧められてしまうのは間違いない。

実は古い・動かない腕時計たちをまだ大事に持っているのだ。
捨てられないのである。

DSC05276   時計今回購入したのは一番奥の時計




思い出が多過ぎて、捨てきれない。



この時計は20ン歳のまだ安い給料の時に買ったもの、
当時すごく気に入ってて、欲しくて欲しくて買ったんだよな〜とか、

これは新婚時代に夫に買ってもらった、、、、数少ない記念品だわ〜とか、


そのひとつひとつに昔の思い入れがあって、捨てられないのよ〜。


動かない腕時計なんてただのガラクタなのに、、、、、
トキメクか・トキメカナイかで判断したら、もうトキメカナイんだけど、、、
それでもゴミの日には捨てられない。

今日もまた引き出しに、動かない腕時計たちをそっと仕舞った。


たぶん若く元気だった頃の自分への、、、執着なんだろうな。



皆さんのクリック励みになります~
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ


スポンサーサイト