以前はドSな手術室ナース。今はM気味な外来ナース。しかし家に帰るとにゃんず3匹を溺愛する、妄想好きのオタクな女の古(←こ)なのよ〜。2011年からの乳癌治療の話もちょっとだけね。
2012-05-31 (木) | 編集 |
HER2(+)のワタシは、『ハーツープラス』と言う言葉が、ずっとずっと気になっていた。

ワタシにとっては、『憎っくき乳癌』でなく、『憎っくきHER2』なのだ。



火曜日はハーセプチン点滴の日だったが、診察時に腫瘍内科医の担当医に、
いろいろ質問してみた。




HER2の暗い話が苦手な人は、スルーしてくださいね。















胃癌におけるHER2過剰発現について
現在の看護師としての仕事が『消化器外科の診察介助』が多いため、胃癌のHER2(+)もすごく気になっていた。
HER2(+)の胃癌は、、、、、、胃癌のなかでもやはり性悪だった。


もしもよ、、、もしも私が数年後(乳癌の転移ではなくて)新たに胃癌にも罹患したとして、やはりHER2(+)の胃癌になるんだろうか。
HER2の増幅遺伝子を持っていたんだから。

実は外科外来に勤務するようになってから、これがずっと気になっていた。

誰に聞こう誰が詳しい
消化器外科医に聞くよりも、多分腫瘍内科医の方がそれについては詳しいのではないか~と感じていた。




結論。
HER2(+)乳癌の私が(転移ではなく)新規に胃癌になっても、
必ずHER2(+)の胃癌となる訳じゃないとの事。
その確率が高い、という訳でもないとの事。

そうなんだ、、、ちょっと安心




あと質問は、
HER2(+)乳癌患者には多いとされる脳転移の可能性について
ワタシは大昔だが脳神経外科病棟に勤務していた時期があるので、やはり転移性脳腫瘍は正直恐ろしい。


転移性脳腫瘍の発生した脳の領域(前頭葉か、側頭葉か、脳幹に出来たのかなど)にもよるが、
人格が変わってしまうこともあるのだ。(まったく無症状の人もいる)

頭痛以外に、怒りっぽくなったりとか性格自体が変わってしまう事がある。



ハーセプチンは2008年までは再発乳癌にのみ保険適応であった。
こうして初発乳癌のワタシが、ありがたいハーセプチンの恩恵を受けることが出来ているのは感謝しなければならないが、悲しい事にハーセプチンでは脳は守れないのだ。

ハーセプチンはその分子が大きいため血液脳関門を通過しない。
タイケルブは低分子化合物なので脳関門を通過できるが、、、、
(2009年から)タイケルブはまだ再発乳癌にのみ保険適応だ。初発乳癌には適応されない。

同じ分子標的薬とはいえ、ハーセプチンは細胞膜外側での作用で、
タイケルブは細胞膜通過しての細胞内部での作用があるのだから、
初発乳癌患者にもタイケルブが保険適応になってもいいのに


初発乳癌にも保険適応になって、併用が可能ならいいのにね。

  
脳が全くの無防備状態という訳ではない。
ワタシの場合、化学療法(EC療法)のエピルビシンとシクロフォスファミドが
脳に対していい仕事してくれているように。
(ケモブレインの副作用ばかりじゃないように)



腫瘍内科の主治医からは
『乳癌は全身病で、例えて言うなら、悪性リンパ腫にも似ています』
『一番大きいシコリのサイズで判断する乳癌のステージのⅠ期の再発率・Ⅱ期の再発率とか、
 HER2(+)でKi-67が高値のぴこさんにはあまり意味がありません』

とか、、、
わかっていたけど、正直な話もきかされた。
まぁそれは仕方ない。
(ワタシは事実を包み隠さず知っときたいタイプだから~)

今、受けられる治療をがんばって受けてゆくさ~。



皆さんのクリック励みになります~
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ