以前はドSな手術室ナース。今はM気味な外来ナース。しかし家に帰るとにゃんず3匹を溺愛する、妄想好きのオタクな女の古(←こ)なのよ〜。2011年からの乳癌治療の話もちょっとだけね。
2012-02-29 (水) | 編集 |
カツラを使用し始めた当初は、いつも帽子をかぶっていた。
カツラの『髪の毛の分け目』が不自然じゃないか、不安で不安で、、、、外出時はニット帽で必ず隠していた。

毎日看護師の仕事に行くようになってニット帽も被れなくなり、『分け目』を否応なしに見せなければならなくなり、そうこうしているうちにカツラを被っている自分にも慣れ、気にならなくなってきた。

でも時々採血室で、(採血中に)私の頭をじっと見つめる患者さんに遭う。
(必ず女性。私と同年代か、、少し若いくらい)
その患者さんは自らが採血されながらも、私の頭をジッと見ている。

『な~にジロジロ見てんのよっ』と、TVの美川さんの様に思いつつも、口に出してはモチロン言わないです。
この看護師さん、カツラだわ、、、、って、わかっちゃったかな。


私は病気になる前は、ずっとストレートのロングヘアだった。
脱毛する前に美容室でショートボブにしてもらった。
脱毛し始めたら、自らバリカンで剃ってしまった。

ショートボブの時も、抗癌剤真っ最中のハゲ坊主の時も、写真を撮ろうという気にならなかった。
写真を残そうという気にはならなかったのだ。

もしも、何年か後にすっかり髪が元通り伸びたら、『こんな時代もあったのね~』って、懐かしむ事が出来るんだろうけど、、、、
そのためにも少しは記念?写真残しておいた方がいいのかも知れないけど、どうしても写真を撮りたくない。

『いずれ髪は伸びるから、今だけ我慢するだけだから~』
というポジティブな考えが前提だと、写真が残せるでしょうか、、、。

私の場合は?
いずれ本当に伸びる?
元の長さまで?

その前に癌が再発したら? その頃転移したら?
そしたら、、、また禿げる抗癌剤を始めるの?

私の乳癌はHER2(+)だ。ケーアイ値も高かった。
再発したらタキサン系は免れられない。

自分が乳癌の再発で死ぬのか、またまた不慮の事故や他の病気で死ぬのかそれはわかりませんが、とにかく死ぬ時には髪があって欲しい。(フルウイッグ着用中は嫌だ)

こんなコダワリを、、、、いつも考えています。

写真は、、、髪の毛2㎝の今も、、、、とても撮れません

自虐イラストはかけるのですがね、、、、

早く、、、禿げない抗癌剤での治療が増えてほしいです、、、(これは皆の願い)


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ