以前はドSな手術室ナース。今はM気味な外来ナース。しかし家に帰るとにゃんず3匹を溺愛する、妄想好きのオタクな女の古(←こ)なのよ〜。2011年からの乳癌治療の話もちょっとだけね。
2012-01-31 (火) | 編集 |
我が家の(きずな)ニャンズです。  (やらせではないよ~)
     DSC04596  絆にゃんず

昨日、看護学校の同級生に会ってきました。
10年以上ぶりの再会。

彼女は医者と結婚し現在は専業主婦をしている。

独身の頃はよく遊んだのに、最近は毎年の年賀状のやり取りをしていただけ~。
子供が小さい時は、お互い子供の写真入りの年賀状だった。「今年は会いたいね!」なんて、ひとことのみ書き加えて。
最近はお互い子供も大きくなったせいか、両家とも飼ってるペットの写真年賀状となった。(笑)
私はニャンズを~、彼女はワンコの~。
そして書く言葉は「今年こそは会いたいね!」

たぶん私が乳癌になっていなかったら、年賀状のやり取りだけがこのまま延々と続いたかも知れない。

でも、私は乳癌になって、

会いたい人には会っておこう!と、決めたのだ。

EC療法の頃は、日々の暮らしでいっぱいイッパイだった。
身体もだるく骨髄抑制もあって、自分に余裕がなかった。古い友人に自分から連絡してまでは、会おうという元気はなかった。

今回は、自分から連絡した。(それだけ元気が復活したってことだよね)
電話の向こうの彼女の声は、昔と全然変わっていなかった。
彼女の家に、私ともう一人の友人とで尋ねることが、すぐ決まったのだ。

そして月曜日、久しぶりの3人。
おしゃべりに大輪の花が咲く。

私の乳癌の話もしたよ。カツラの話もしたよ。
二人はとても驚いていた。まさか私からはそんなカミングアウトがあるとは思っていなかったからね。
もうひとりの友人はガン保険に加入していなかった。46歳なのに絶対入っていた方がいいよ、、、とお勧めしてみた。

彼女の家でお昼ご飯もご馳走になり、ずっと彼女の家で延々と話し込んでしまった。
とても楽しかった。

女同士で週末飲み歩いたり、女子だけで4WDでスキーに行ったり、若かりし独身だった頃と、お互い気持ちは全然変わってなかった。

次はいつ会えるだろう。
別れ際、、、、、ふと思った。


いや、必ずまた、会える。
ぜったいに。



にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ