FC2ブログ
看護師であり乳がん患者でもあります。家にいるにゃんず3匹と、仕事の話、お金の話、乳がん治療のその後の話など、日常のアレコレを記録していきます。
2011-12-09 (金) | 編集 |
最近の私のブログは、不幸話満載で、ネガティブな内容ですね。

個人にとっての不幸と感じる事象は様々ですが。

そういえば私、今年追突事故も起こしていました。
それは乳癌が見つかり、7月28日に入院、29日の手術を控えた、26日の夕方。
息子を隣の市の耳鼻科にかけた帰り道。
自分の入院する前に息子の耳鼻科の治療を終えないと、、、、と、気持ちは焦っていました。
私には、時間がないのよって。
最後の夜勤明けの日、睡眠不足もあったと思います。

耳鼻科の帰り道、ちょうど車3台で同じようなスピードで森の中の道を走っていました。
(私の車は3番目でした。)
道の左右森になっている道路上で、自分の前を行く車のブレーキランプが点灯したのが見えました。
横断歩道もなければ、路上を人が横切ったりするはずのない山の中だったので、一瞬何だろうとは思いました。はっきりと道路上にそのまま急停車している!すぐさま私も急ブレーキを踏み込みましたが、前の車に追突してしまいました。

前の車の若い女性が運転席より降りてきて、私の方に頭を下げながら寄ってきました。
私は
『どうして急に止まったんですか?こんなところで!』少し怒ってしまいました。
彼女はすまなさそうに
『すみません、イタチみたいな動物が飛び出してきて私の前の車がブレーキを踏んだんです。それで私も止まったんです、、、』
飛び出したイタチ?を避けて急ブレーキをかけた1番目の車は、そのまま走り去っていた。

2番目の彼女は前の車の急ブレーキに驚き自分もブレーキを踏んで、発進せず停車状態だったので、そこに私が間に合わず追突したという有様だ。

3番目を走っていた私には、(すでに薄暗かったので)イタチなる動物はまったく確認できなかった(気づかなかった)。
前を走る車がどうしてこんな森の中で、ブレーキを踏むのか反応できなかった。

動物か、、、、、

猫や犬の飛び出しにて前を行く車が急ブレーキをかけた時、後方の車が止まりきれず追突した場合は、後方の車に全過失があるとみなされるのだ。100:0です。
(前方不注意、車間距離保持義務違反だったかな、、、、、)

イタチだろうがヘビだろうがカエルだろうが、前の車は正しいの。自動車の後ろに目はないんだから。
ぶつかった後ろの車が悪いんですって、、、、(知ったときは凹んだが)

でもね、自動車事故を起こしたって(加害者だけど)凹んでいる暇はなかった
なんてったって、明後日入院・明々後日手術だから。

私が入院すると同時に、愛車の●●もディーラーに入院してました。

ええ、●●の入院費は私の入院よりもたっぷりかかりましたわよ~
(ついでに前の車の修理代も~)

任意保険・車両保険でまかないましたが、、、、本当に今年は保険にお世話になりました~、ハァ~、、、、


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
応援クリックありがとうございます~
スポンサーサイト