FC2ブログ
看護師であり乳がん患者でもあります。家にいるにゃんず3匹と、仕事の話、お金の話、乳がん治療のその後の話など、日常のアレコレを記録していきます。
2011-10-29 (土) | 編集 |
昨夜は同級生との食事会があったんです。

私を含めて5人。
その中に以前ブログで紹介した、乳癌になってから3人子供を産んだ友人がいました。
   (9月5日のブログ参照
久しぶりの再会でした。
2年前見かけた時も病院の廊下であいさつを交わしただけで、食事をするのは十年以上前の同窓会以来だった。

実は私は彼女(H子)とそれほど親しい方ではなかったので、H子が乳癌を患ったのも噂で耳にした程度だった。
約束場所のレストランに、私とH子二人一緒に到着したので、さっそくH子に私から病気をカミングアウトしてみた。

H子は、24歳の妊娠5か月で乳癌になったそうだ。妊娠7か月になってから全身麻酔で左乳癌全摘。
当時は標準治療が『定型的乳房切除術+腋下リンパ廓清』セットの時代。
出産後にノルバデックスを2年間のみ内服したという。

5年間じゃなくて2年で良かったの?と私がびっくりすると、医師から2年間でいいと言われたんだという。
脱毛する治療はしていなかった。

その後28歳で第2子を、32歳で第3子を出産している。

その後乳房再建はしたの?と聞いたら、していないという。
彼女はずっと共働きで、年収だってそうとうあるはずなのに、、、、意外だった。
最初のころは人工乳房のようなシリコン?ゴム?製の疑似乳房を購入しブラの中に入れていたそうだが、劣化してダメになった後は、肩パットみたいなのとタオルいれているだけ~と、言っていた。

腋下廓清していて、リンパ浮腫はどう?と聞いたら、やはりなったことがあるという。
ヒドイときは片腕がパンパンになってしまったという。今は大丈夫だとの事。点滴を受けたり、採血されるのを患肢じゃないように注意しているだけだという。

もっとたくさん聞きたい事あったけど、他の3人に遠慮して、聞けなかったよ~
腫瘍の大きさは?とか、腋下リンパ節に転移はあったのか?とか。
ガン患者になってから生命保険はどうした~?とか、
温泉とか、プールとか行くときはどうしているの~とか。  う~ん  残念。

H子『私、24歳で乳癌になっちゃったでしょう。私は早く死んじゃうんだな~って思ってたの、、、、
   だから、死ぬ前に子供もっと産んでおきたいって思ったのよね、、、
   キャンディーズのスーちゃんの訃報きいてさ、今でもやっぱり不安だよ、、』

意外だったのは彼女はHER2という言葉を知らなかったこと。なにそれ?って言われてしまう。
彼女の時代(22年前)にはHER2なんてもちろん調べなかったろうけど。
今の時代だったら、若年性乳癌ってことで抗癌剤治療の適応になっていただろうか、、、。

私が乳癌1年生なら、彼女はもう乳癌22年生だ。うらやましい!?んん?
私が乳癌22年生になったら、67歳だよ!おばあちゃんじゃん!

やだ――――! いまのままでいい――――! 年をとりたくない――――!

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ

みなさんのクリック励みになります~


スポンサーサイト