FC2ブログ
看護師であり乳がん患者でもあります。家にいるにゃんず3匹と、仕事の話、お金の話、乳がん治療のその後の話など、日常のアレコレを記録していきます。
2011-09-19 (月) | 編集 |
術中センチネルリンパ節生検のお話を少し。

私の病院では、センチネルリンパ節生検法はラジオアイソトープ法と、色素法を併用し精度を高めていました。施設によっては、片方しか行っていない所もある様です。
どの程度の割合でアイソトープ法のみの施設、色素法のみの施設と、両方実施の施設があるのかは詳しくは存じないのですが。(併用していると、やはりお値段は高いそうです〜)

まず、ラジオアイソトープ法。
私の病院では、手術前の晩に、骨シンチを行うのと同じ棟に行き、シコリのある乳房(乳首)にラジオアイソトープの注射を行います。
翌日手術日の早朝、同じ部屋に行き、骨シンチを行う同じ台に乗り、腋窩付近に反応が出ているかどうか確認しておきます。

次に色素法です。
手術室にて患者さんに全身麻酔がかかったのち、(当院ではインジゴカルミンという青い液体)色素を細い針でシコリの付近に局部注射します。(患者さんは麻酔で眠っているので痛くないはず)

(最近TVで見かける、放射線測定器のような)ガンマープローブと言う測定器械の先端部分のプローブを腋窩辺りにあてると、その放射性同位元素(アイソトープ)を取り込んだリンパ節の皮膚上で、ガガガピーーーッと反応音がするのです。

『ここ掘れ、ワンワン』っていう感じです。その真下の皮膚を切開し、青い色素の染みたリンパ節を掘り出します(探し出します)これがいわゆる見張りリンパ節です。
取り出したリンパ節(1〜2個)にまたプローブを当て、反応音を確認・色素取り込みを確認し、このリンパ節で間違いが無い、センチネルリンパ節だ!と、確定されるのです。

この色のついたリンパ節を病理専門の先生へ大至急届ける(看護師さん走る!)
病理の先生は顕微鏡で検査し、ガン細胞の有無をチェック、急いで手術室に電話してくる(看護師さん急いで電話受ける→執刀医に電話取次ぐ)
その結果によって腋窩リンパ節郭清の有無や程度が決定されるのです。

手術中センチネルリンパ節生検・迅速病理は、だいたいこのような流れになっています(施設によっても違いがあるかも、、、、)

私の手術の場合はセンチネルリンパ節まだ生検中(術中迅速病理検査中)なのに、腋窩リンパ節が怪しく腫れていたとの理由から切除されてしまった!一体どんだけ人相の悪いリンパ節だったんだーー?

余談ではありますが、患者さんの身体に放射性物質が入っているからでしょうか、妊娠している看護師はこの手術にはつかないように、と言われてました。(お腹の胎児に被爆の恐れがないように、、、なんでしょう〜)
だから、私のように年寄り看護師はよくつかされていました。(どう考えても、腹の中にいないだろうと)
スポンサーサイト