FC2ブログ
以前はドSな手術室ナース。今はM気味な外来ナース。しかし家に帰るとにゃんず3匹を溺愛する、妄想好きのオタクな女の古(←こ)なのよ〜。2011年からの乳癌治療の話もちょっとだけね。
2011-09-15 (木) | 編集 |
乳癌と診断されたとき、癌になった不安よりも悩んだことは、
自分の勤務する病院で手術するか、別のIセンター病院で手術するか、、、だった。

乳癌とは別の癌で手術した経験のある友人(看護学校の同級生)にさっそく相談した。
友人は自分の病院では手術せず、Iセンターで手術している。

友人の場合は早期発見だったため、手術後の内服もなければ、その後の定期診察もない。

乳癌は術後も5年以上の定期診察や、経過観察が必要だと理解していたので、プライバシーを捨てても自分の勤務する病院にしようと決意したのだが、入院前に友人に言われたこと。

『乳癌で手術するにあたって、子宮がん検診も受けといたほうがいいよ。』
乳癌と診断されたばかりなのに、そっちもかい!一瞬、ガーンとした。
去年11月に人間ドックを受けた時、子宮がん検診のスメアの際、診察した医師に『ただれが見られますね』と言われてたのを、思い出した。

そういえば私、人間ドックの時に乳癌検診のマンモグラフィーはOKで、子宮癌検診の方が要観察だったんだわ。

う~ん、これはダブルでまずいかも。

乳癌の見つかったばかりの私に、友人が、子宮がんの話をもちかけた理由はわかっていた。
友人の受け持ち患者さんに、ダブルキャンサー(重複癌)の女性がいたからだ。

乳癌と子宮癌、女性は入院中に、数日おきにそれぞれの手術をうけていた。年齢も私達と近い。それで私にも注意を促したのだろう。
    (入院したら、私も彼女の受け持ち患者の一人になるので)

入院まで、あと一週間なかった。
市役所の保健センターに行き、子宮癌検診の補助券をもらい、いそいで隣の市の産婦人科を受診した。
  (補助券をもらうと、値段が安く受けられたので、今回は2000円)
結果、ただれなく、大丈夫とのお墨付きをいただいた。

ダブルキャンサーの不安だけは取り除き、私は入院したのである。

このブログをもし、乳癌の心配があって見ている方、これから乳癌手術で参考に見ている方、出来れば子宮がん検診も受けておいた方がいいです。

ダブルキャンサーって、あるんです。