FC2ブログ
看護師であり乳がん患者でもあります。家にいるにゃんず3匹と、仕事の話、お金の話、乳がん治療のその後の話など、日常のアレコレを記録していきます。
2011-09-08 (木) | 編集 |
退院してもう一ヶ月、、、ずーっと心に引っかかっていること。
執刀してくれた乳腺外科のA先生への謝礼のこと。みんなどうしているんだろう、、、、。
去年やはり乳癌で手術してもらった、看護師Tさんは謝礼はあげたのかな〜、、、今度会ったら聞いちゃおうっと。

病院内の掲示板に「病院スタッフへの贈答・謝礼等は一切お断りしております」
なんて、ポスター貼ってあるけれど、実際はそうでも無いってこと、百も承知。

外来勤務のとき、患者さんが先生の白衣のポケットにそっと封筒しのばせたり、、、看護師が不意に診察室に入ると、先生が慌てた様子で何か引き出しにしまったりとか、いっぱい見て来たもの。

夕方超音波室をお掃除したときに、引き出しを開けたら、中にビール券の入った封筒を発見し、多分その日超音波担当した医師が、患者さんから超音波検査中にいただき、そのまま引き出しにしまって、忘れちゃったんだろう、封筒。掃除しながら私が知らんぷりして貰っちゃおうかヘッヘッへ〜と、思ったわよ。(注: もらってません、そのまま見なかった事にしましたよ)

でもね、本当に良い手術して頂いて感謝しています。
私は右の乳癌。全摘。右腋窩リンパ節はセンチネル含んで計8個切除している。
(結局腋窩の転移は無かったけど)
でも、右腕は全く問題なく挙がるし、シビレや痛みやひきつれも、違和感も、ピリピリもなし。

手術介助についた後輩看護師の話では、「ぴこるる先輩の手術中気を遣って、神経を切らない様に、切らない様にって、スゴく丁寧に剥離していましたよ。」って、教えられた。
本当にA先生《い〜仕事してますね〜》感謝です〜〜

でも、感謝の心を表す謝礼って難しい、、、、乳腺外科のA先生はお金持ちで有名なんだもの。御夫婦でお医者様だし、、、出勤に乗ってくるのは高級外車のスポーツカーを颯爽と。

微々たる謝礼金なんか渡しても、多分嬉しくもなんともないだろう。迷惑かも!(ぴこるる都合よく考える)

だから、ぴこるるは、謝礼は、渡しません!
そのかわり、、、来年復帰したら、先生の下僕の様に働きますから〜

スポンサーサイト