以前はドSな手術室ナース。今はM気味な外来ナース。しかし家に帰るとにゃんず3匹を溺愛する、妄想好きのオタクな女の古(←こ)なのよ〜。2011年からの乳癌治療の話もちょっとだけね。
2017-06-11 (日) | 編集 |
お久しぶりのBlog更新です。

相変わらず月曜から金曜の平日は 残業の日々で疲れてます。


土曜は家でぼーっとしつつ、ダラダラしながら身体を休め
日曜に溜まった家事をこなす日々です。


5月の最後の週末
高校時代のテニス部の友人5人と
毎年恒例の友人のお墓詣りに行ってきました。

お墓では皆んなで しんみりし
帰りのランチで楽しくおしゃべりしてきました。

この同級生達は ワタシの乳癌を知っているので
1年ぶりに会うと必ず
『身体は大丈夫なの?』と聞かれます。

関節痛が凄く辛くて 、、、なんて言わず
『うん大丈夫だよー』と
明るく、アッサリと答えるようにしています。

関節痛って、他の人からは理解しにくいでしょうし。




関節痛と言えば、その5月の終わりに
3か月ぶリの乳腺外科の診察もありました。

主治医が3月末で転勤になられたので、
またまた 主治医が代わりましたよ。

ま、主治医が誰に代わっても、
乳癌の治療はアナストロゾールの内服で変更は無いので
ノープロブレムです。



そのジェネリックの【アナストロゾール】ですが、
受け取る薬局を変えたので、ジェネリックの会社が変わりました。



今までは写真右側トーワの【アナストロゾール】だったのですが
今度はエーザイの【アナストロゾール】になりました。

あ、
ワタシは先発品・後発品は気にしない人です
ジェネリックじゃ無くて 先発の【 アリミデックス】にしたい〜とか
そんな こだわり ありません(笑) 似たような効能の薬なら値段が安い方が好きですし(笑)


それどころか、
『お薬手帳の持参が無いので少し値段は高くなります』そう言われました。

ワタシはお薬手帳をいちいち持参しません、、、って言うか、お薬手帳は持ってません。
たかだかアナストロゾールだけしか飲んでいないのに
アナストロゾールの為だけにお薬手帳を持ち歩くのなんてバカらしくって。



こんな小さな粒のアナストロゾール。
何度もBlogに書いているけど、関節痛が酷い。

両手の、手指の関節はいつも痛いし、
おかげでペットボトルの蓋がなかなか開けられない。

膝も痛くて。
仕事中 屈んだりの動作がとっても辛いし。

歩き出した際の、足底が痛いのには凹む〜。

ワタシって乳癌患者だったよねぇ。
リュウマチ患者だったかなぁ〜❓って自問自答の日々。


でも
そんな毎日辛い日々の中?
楽しいこともあります。

ふるさと納税の返礼品が続々届いています。
201706102348324eb.jpg
茨城県の大子町にふるさと納税して頂いた常陸牛のA5ランクステーキ肉‼️
今就活中の娘の、内定が決まったら食べようかな〜と、冷凍中。


20170610234830d6e.jpg
口コミで評判の良かった佐賀県へのふるさと納税返礼品。

20170610234829017.jpg

ハンバーグが6個と、味付き豚肉のセット。
1万円のふるさと納税で、このお礼はボリュームがありますね。


ふるさと納税の返礼品のおかげで
またまた我が家の食費がちょっと潤っています。ムフフ。








2017-02-05 (日) | 編集 |
久しぶりのBlog更新です。


ワタシは変わりなく
まぁ、元気に過ごしています。

先週は看護学校時代のいつもの同級生
(今回は4人)と、新年会をしていました。

そのほか、土日の空いている時間は
自宅の自分リフォーム(ニャンコリフォーム)を
コツコツ続けています。

我が家は小さ目な2階建てなんですが、
自分でクロス(壁紙)リフォームするとなると
やはりなかなか大変で。

そんなリフォーム作業を大変にしているのはワタシの関節痛

両手の指の関節痛・コワバリです。

起床時はもちろんヒドイのですが
今は、日中もいつもズキズキズキズキしてます。

膝関節もいつも痛くて、、、、正座はできません。

夜中や起床時の歩き出しの時
歩くと踵(かかと)が痛くて
両足が自分の足じゃないような感覚で
ヨロヨロ〜しながら歩くのです。

ワタシは「頭痛」「肩こり」の無い人だったのですが
今では首も、肩関節まで痛い。

タモキシフェン(ノルバデックス)から
アナストロゾールにスイッチして約半年
副作用の関節痛が思いっきり増強しています。

関節痛の痛みを例えるなら
油(潤滑油)の切れた器械な感じ。
(あぁ〜、CRC5-56が欲しい)
2017020509101901b.jpg

ノルバデックスの頃からホットフラッシュは無い人だったので
アナストロゾールにスイッチしても
ホトフラは無し。

気分がイライラする事も不眠も無く
体重も変動はないのです。
(1〜2㎏以内の増減はある)

あとはやはり脱毛が気になります。
シャンプーする度に、ブラッシングする度に
ずいぶん抜けるなぁ〜と。

これはアナストロゾールの副作用なのか、ただ単に加齢現象なのか
そこは微妙なところです。





でも、

タモキシフェンからアナストロゾールにスイッチして半年。
たった一つだけ良い事が。

寝返りしても足がつらなくなりました。

漢方薬「芍薬甘草湯」が手放せなかったのに。
今は夜中に寝返りしても大丈夫。1度も起きていません。


うん、足がツラなくなった事だけは良かったけれど、、、



この関節痛。
やはり地味〜に辛い。(話が元に戻りました)


いつの日か
慣れて


もう少しマシになるんでしょうか。


アナストロゾールの関節痛。
対処の方法を検索すると
運動療法が良いと出てくるんですが、

運動、、、、ねぇ。(寒いし)

20170205092751216.jpg




2016-10-10 (月) | 編集 |
内服薬を
タモキシフェン(ノルバデックス)から
アナストロゾールに変更してから
はや1ヶ月半(45日)

最初は副作用の変化を
あまり感じていませんでしたが
1ヶ月過ぎてからはじわじわと感じるものがあります。

地味〜に関節痛が増してます。

もともとノルバデックスの時代から
ホットフラッシュは無い体質だったので
アナストロゾールになってもホトフラは感じません。

それは良いんですが
歩き出すのが、関節が、フシブシが辛いです。

家の中でトイレに行くのでさえも。
(決して家が広い訳では無いです。狭いリビングでトイレはすぐ側)

更にババァな身体になったなぁ〜というのが正直な話。

病院の外来の仕事中
2Fの検査室に用事があり
階段を2Fまで登っていたら
階段途中ですれ違った看護助手のSちゃんに

「ぴこさんどうしたんですか?凄く具合悪そうですけど」と驚かれ、

「あぁ、階段で、疲れているだけ」

ワタシは職場で、自分の乳癌の事をそれほど話さないので
もちろん隠すつもりもないけれど
今の関節痛な身体になった原因の説明するのも
それはそれで面倒なので、
ただ疲れている、って事にした。

アナストロゾールの関節痛は聞いてはいたけど
さらに 地味に 辛いなぁ。

この薬、
さらに5年も飲んでいたらどうなっちゃうんだろう?
ワタシはやっぱりタモキシフェン10年で良いんだけど。

そんな比べようが無い考えが モヤっと頭を過ぎります。


髪の量だってそうだ。

ワタシは化学療法前
すごく髪の量が多く さらに剛毛だった。

中途半端な長さの剛毛は横に広がってしまうので
長くしたほうが髪の重さで横への広がりが抑えられたのだ。

美容室に行けば
いつもシャンプーの時に洗髪担当の美容師さんに
「多いですね〜〜」と
必ず嫌がられた?ものだった。




なのに、、、、
今では、、、

ぱっと見では脱毛前に戻ったかに見えるが
実は少ない。
(少なくなって悲しいんだか、かえって良かったのか)


「神社の しめ縄 みたい〜」
後ろに束ねた髪を掴まれては友人によくからかわれた
あの頃の自分の太い三つ編みが懐かしい、、、、



お風呂でシャンプーした後に
排水溝に溜まった自分の髪を見ては
ギクッとします。


ホルモン療法のせいよね〜
お年頃のせいじゃないよね〜、ね〜。







2016-09-01 (木) | 編集 |
8月がおわった。


昨日の8月31日と言えば、
忘れられない5年前
乳がん術後にアジュバンドで受けた
EC療法1クール目の当日だった。

あの日、あの夜
とにかく気分が悪くて気分が悪くて
身の置き所がなくて

リビングのソファーとトイレを往復しては
吐き気と気分不快と、格闘した夜。


あれから5年。


いろいろあったけれど
静かに振り変える事の出来る今。





うちのオットは「ポケモンGO」にハマり
ポケモン集めに勤しんでおるようです。



妻のワタシの方はフリマアプリ「メルカリ」で
家中の不用品や洋服売ってはバーチャルなお金を得て
(未だに現金化していない)
ひとり喜んでおります。


人生いろいろあるけど
ささやかな身近な幸せ?を見つけては
こっそりプチ楽しく生きてます。



来年の8月31日は
何をしているかな。



そこそこ元気でいられますように❗️






2016-07-29 (金) | 編集 |

7月29日は
ワタシの乳がん手術記念日だ。

そう言えば 5年前のあの日も
今日と同じ金曜日だった。


そしてワタシは
乳がんサバイバーの6年生となりました。\(^o^)/



もしもひと昔前だったら
タモキシフェン5年で内服終了だったハズだけど
5年内服よりも10年内服の方が晩期再発率が低いと
そんなエビデンスが発表されてからは
ワタシももれなく10年内服コースを指示されてしまった。


こうして生きていられるなら
10年内服だろうが それ以上だろうが
受けて立つしかないし
取り組むしかないし

とにかく 前に進むしかない。



そう、世の中には
抗がん剤や分子標的薬、抗ホルモン薬などで
10年以上再発治療に取り組み頑張っている
サバイバーの先輩も沢山いるのだ。

だからワタシの、一日一錠の内服くらい
全然どうって事はない。


動き出すとき、関節がギクシャクして
身体が痛かろうが 動きが悪かろうが 片乳だろうが

女性ホルモン抑えて老化が加速したババァになっても(笑)
それでもそんなの なんて事ないハズ。

今のありのままの自分だから、気にしないし

平気。




とにかく生きてる。





そんな5回目の手術記念日。




今日の仕事が終わったら
自分ご褒美にケーキを買って帰ろう☆