FC2ブログ
看護師であり乳がん患者でもあります。家にいるにゃんず3匹と、仕事の話、お金の話、乳がん治療のその後の話など、日常のアレコレを記録していきます。
2017-11-26 (日) | 編集 |
今月、
毎年恒例の 人間ドック がありました。

「何も無いはず、きっと今年も大丈夫」という気持ちと
「乳癌とは違う新しい癌が見つかっちゃったら嫌だな」という気持ちと

正直 両方の気持ちで少しモヤモヤしていました。
看護師だろうが、サバイバーだろうが、
やはり不安はありますね。



そして、、、、
そんな嫌な予感って また当たるんですよね。



ワタシは毎年、ドックの中で「胃カメラ検査」を選ぶんですけれど
胃カメラの最中 (口の中にファイバーが入っている状態で)
自分のモニターを見ているのですが
嫌なモノを見てしまいました。



去年も一昨年も、
胃カメラ検査は大丈夫でした。

今年も組織診(生検、バイオプシー)されることは無いって
思ってました。

なのに、、、、
食道に、タダレがみつかりました。

ワタシ、
ピロリ菌いないはずなんだけどな。
胸やけ症状も無いし、
まして逆流性食道炎なんて言われた事ないし。

「ここ、生検しましょう」と医師に言われ
チクっと摘まれた痛みを感じました。

TVモニターで、一部始終を見ていました。
生検した所からジワジワ出血している ワタシの食道粘膜が写っていました。




えぇ〜〜
もしかしたら ワタシ食道癌なの?

乳癌の次は 今度は食道癌?

この年齢で 女性の食道癌って珍しいよねぇ。
喫煙歴も無いのに、なんで。

そんな事をボーっと考えながら、その日の人間ドックを終えました。


他にも指摘されたことがあって (その話は後日)
気分の浮かない日々でした。



それから
毎日自宅のポストをチェックしていましたが
人間ドックの結果がなかなか郵送されて来ませんでした。

生検した 病理検査に 時間かかっているんだ、、、、、、。

食道癌だったら、ケモラジ(化学療法と放射線療法)だよね。
病院は何処に行こう?(自分の病院は除外)
そんな事を一人考えながら毎日を過ごしていました。



先日、いつもとは違う
大きな封筒で人間ドックの結果が郵送されてきました。


ドックの結果で初めて の大きな封筒でした。
緊張しながら開封したのです。



長くなったので続きます。







2017-11-12 (日) | 編集 |
久しぶりにblogにログインしました。

コピー機のスキャン機能がおバカさんになったのか
なかなか言う事を聞いてくれず
スキャンに手惑いましたよ❗️

そろそろ 買い替えどきかなぁ〜。



最近は
乳腺外科受診しても
内服薬の処方のみです。
全然検査は受けていませんでした。

そんな中、自分から希望して 骨密度検査を受けてきました。


前回 骨密度検査を受けたのは
タモキシフェンからアナストロゾールにスイッチする前です。

アナストロゾール内服して1年経過した という事で
先日 内服 1年後の骨密度です。

こちらは昨年の結果
2016 ①
これは今回の結果
2017  ①

このblogに 何度も何度も書いていますが
ワタシは関節痛がひどいです。

タモキシフェンの時も関節痛がありましたが
アナストロゾールになって、更に酷くなりました。

やはり 骨密度も大きく下がったのでは、、、、
そう思いましたが、
腰椎の骨密度には 大きな低下は無かったようです。


更に 大腿骨頸部の骨密度。
こちらは昨年の結果
2016 ②
今回の結果
2017  ②

さ、、、、下がった。

同年齢と比較して96% → 94%だって。

やっぱり、、、、、



アナストロゾール1年内服してこの結果。
あと4年内服継続で、どの位下がるのかな。

今、身体の痛いところがイッパイあって
やや 憂鬱なんですよ。


まぁ、
生きていれば

色々ストレスはあるよね。






また 小魚食べよっと(笑)








2017-08-06 (日) | 編集 |
前回の記事は
『乳癌学会に行ってきました』という記事でした。

乳癌学会の最中だった7/14は、
6年前、
穿刺吸引細胞診の結果が「classⅤ」であると知らされた、、、
乳癌であると知った日、いわゆる
【告知記念日】でした。




そして7/29は、
ワタシの【手術記念日】でした。

乳癌の手術を受けた日から、丸6年が経ち

乳癌7年生 にたどり着きました。




先月の乳癌学会での話の続き。

モーニングセミナー
「よーく考えよう、(乳がんでも)お金は大事だよ」
松山赤十字病院の川口秀俊先生のお話の中で

乳癌治療の中でも「化学療法」の説明をする際に、よく患者さんから
「抗ガン剤治療ってどの位お金かかるんですか?」
と質問されるけど
すぐにパッと金額を答えられるお医者さんってそうそういなくて
そこで、
レジメン開始するにあたって患者さんそれぞれの体重を計算した上で自己負担額がいくらか、
化学療法の金額を計算できるツールを作成しました、というお話でした。



ワタシの勝手にイメージしていた
「よーく考えよう、(乳がんでも)お金は大事だよ」
とは、話は全然違っていたのですが、

先生の話の中、こんな一例の話が出ていたんです。


56歳女性、乳癌シコリの大きさは2,5㎝、
ホルモンレセプター(+)、HER2(+)、リンパ節転移(−)

この乳癌患者さんが
当時の標準治療を完遂された時の
再発率の推移だった。 (と思う)

40年前  手術のみ  46%
30年前  手術➕ホルモン療法  31%
20年前  手術➕化学療法➕ホルモン療法  22%
10年前  手術➕化学療法➕分子標的治療➕ホルモン療法  10%


ホルモン(+)、HER2(+)だった場合
40年前だったら、統計上では半分近くの患者さんが再発していた。
10年前、分子標的治療薬の出現により再発率は10%まで減少。

今更ではあるが、
先生のアップした表を見ながら、
「これは、まさにワタシだ、、、、」
なんて、感じてしまいました。



今、治療の恩恵を受け
こうして
日々 生きていることに
生かされていることに

感謝を。


乳癌学会に
ここ毎年参加させていただいているが
参加をする目的は
「新しい事を知りたい、治療とか検査法とか薬剤とか」という気持ちよりも

乳癌治療に取り組んできた先人達や、今まさに取り組んでいる人々に

「感謝を忘れないでいたい」

って気持ちが大きいのです。




自分が今、生かされている意味とか
ガン患者であり
看護師であるという、
自分のあり方を
見つめ直す為でもあります。







2017-06-11 (日) | 編集 |
お久しぶりのBlog更新です。

相変わらず月曜から金曜の平日は 残業の日々で疲れてます。


土曜は家でぼーっとしつつ、ダラダラしながら身体を休め
日曜に溜まった家事をこなす日々です。


5月の最後の週末
高校時代のテニス部の友人5人と
毎年恒例の友人のお墓詣りに行ってきました。

お墓では皆んなで しんみりし
帰りのランチで楽しくおしゃべりしてきました。

この同級生達は ワタシの乳癌を知っているので
1年ぶりに会うと必ず
『身体は大丈夫なの?』と聞かれます。

関節痛が凄く辛くて 、、、なんて言わず
『うん大丈夫だよー』と
明るく、アッサリと答えるようにしています。

関節痛って、他の人からは理解しにくいでしょうし。




関節痛と言えば、その5月の終わりに
3か月ぶリの乳腺外科の診察もありました。

主治医が3月末で転勤になられたので、
またまた 主治医が代わりましたよ。

ま、主治医が誰に代わっても、
乳癌の治療はアナストロゾールの内服で変更は無いので
ノープロブレムです。



そのジェネリックの【アナストロゾール】ですが、
受け取る薬局を変えたので、ジェネリックの会社が変わりました。



今までは写真右側トーワの【アナストロゾール】だったのですが
今度はエーザイの【アナストロゾール】になりました。

あ、
ワタシは先発品・後発品は気にしない人です
ジェネリックじゃ無くて 先発の【 アリミデックス】にしたい〜とか
そんな こだわり ありません(笑) 似たような効能の薬なら値段が安い方が好きですし(笑)


それどころか、
『お薬手帳の持参が無いので少し値段は高くなります』そう言われました。

ワタシはお薬手帳をいちいち持参しません、、、って言うか、お薬手帳は持ってません。
たかだかアナストロゾールだけしか飲んでいないのに
アナストロゾールの為だけにお薬手帳を持ち歩くのなんてバカらしくって。



こんな小さな粒のアナストロゾール。
何度もBlogに書いているけど、関節痛が酷い。

両手の、手指の関節はいつも痛いし、
おかげでペットボトルの蓋がなかなか開けられない。

膝も痛くて。
仕事中 屈んだりの動作がとっても辛いし。

歩き出した際の、足底が痛いのには凹む〜。

ワタシって乳癌患者だったよねぇ。
リュウマチ患者だったかなぁ〜❓って自問自答の日々。


でも
そんな毎日辛い日々の中?
楽しいこともあります。

ふるさと納税の返礼品が続々届いています。
201706102348324eb.jpg
茨城県の大子町にふるさと納税して頂いた常陸牛のA5ランクステーキ肉‼️
今就活中の娘の、内定が決まったら食べようかな〜と、冷凍中。


20170610234830d6e.jpg
口コミで評判の良かった佐賀県へのふるさと納税返礼品。

20170610234829017.jpg

ハンバーグが6個と、味付き豚肉のセット。
1万円のふるさと納税で、このお礼はボリュームがありますね。


ふるさと納税の返礼品のおかげで
またまた我が家の食費がちょっと潤っています。ムフフ。








2017-02-05 (日) | 編集 |
久しぶりのBlog更新です。


ワタシは変わりなく
まぁ、元気に過ごしています。

先週は看護学校時代のいつもの同級生
(今回は4人)と、新年会をしていました。

そのほか、土日の空いている時間は
自宅の自分リフォーム(ニャンコリフォーム)を
コツコツ続けています。

我が家は小さ目な2階建てなんですが、
自分でクロス(壁紙)リフォームするとなると
やはりなかなか大変で。

そんなリフォーム作業を大変にしているのはワタシの関節痛

両手の指の関節痛・コワバリです。

起床時はもちろんヒドイのですが
今は、日中もいつもズキズキズキズキしてます。

膝関節もいつも痛くて、、、、正座はできません。

夜中や起床時の歩き出しの時
歩くと踵(かかと)が痛くて
両足が自分の足じゃないような感覚で
ヨロヨロ〜しながら歩くのです。

ワタシは「頭痛」「肩こり」の無い人だったのですが
今では首も、肩関節まで痛い。

タモキシフェン(ノルバデックス)から
アナストロゾールにスイッチして約半年
副作用の関節痛が思いっきり増強しています。

関節痛の痛みを例えるなら
油(潤滑油)の切れた器械な感じ。
(あぁ〜、CRC5-56が欲しい)
2017020509101901b.jpg

ノルバデックスの頃からホットフラッシュは無い人だったので
アナストロゾールにスイッチしても
ホトフラは無し。

気分がイライラする事も不眠も無く
体重も変動はないのです。
(1〜2㎏以内の増減はある)

あとはやはり脱毛が気になります。
シャンプーする度に、ブラッシングする度に
ずいぶん抜けるなぁ〜と。

これはアナストロゾールの副作用なのか、ただ単に加齢現象なのか
そこは微妙なところです。





でも、

タモキシフェンからアナストロゾールにスイッチして半年。
たった一つだけ良い事が。

寝返りしても足がつらなくなりました。

漢方薬「芍薬甘草湯」が手放せなかったのに。
今は夜中に寝返りしても大丈夫。1度も起きていません。


うん、足がツラなくなった事だけは良かったけれど、、、



この関節痛。
やはり地味〜に辛い。(話が元に戻りました)


いつの日か
慣れて


もう少しマシになるんでしょうか。


アナストロゾールの関節痛。
対処の方法を検索すると
運動療法が良いと出てくるんですが、

運動、、、、ねぇ。(寒いし)

20170205092751216.jpg