以前はドSな手術室ナース。今はM気味な外来ナース。しかし家に帰るとにゃんず3匹を溺愛する、妄想好きのオタクな女の古(←こ)なのよ〜。2011年からの乳癌治療の話もちょっとだけね。
2011-11-12 (土) | 編集 |
昨日は心臓超音波検査(心エコー・UCG)と、造影剤使用のCT検査でした。

心臓超音波検査室では受付のかたに、『女性の技師さんでお願いします』と最初に話したら、ちゃんと女性の技師さんでした。よかった、、、、ほっ、、、 Sさん(友人の旦那)とか、その他男性技師さんじゃなくって。
ブログみている皆様、もし男性技師にされたっていう経験がある方、次回ためしに言ってみるといいです。

次は造影CTでした。
造影剤を使用したCTは初めてではありません。

しかし造影剤注入中はそうでもなかったが、CT終了直後からムカムカ出現・増強してきた、、、、、。
ちょうど、抗がん剤点滴終了して、自宅での夕方~夜中とか、1日目な気分。

嘔気・気分不快・腹痛・下痢・発熱症状、、、
なんだか抗癌剤入れてたあの時の記憶・においまでフラッシュバックしてくる~

造影剤の副作用 
   1.皮膚症状:かゆみ、発疹、発赤、じんま疹
   2.消化器症状:悪心、嘔吐、腹痛
   3.循環器症状:血圧低下、徐脈、頻脈、血管痛
   4.神経系:頭痛、ふらつき、めまい
  
      
CT室からもらったパンフレットには、このような症状が出た方は救急担当か主治医にご連絡くださいと書いてある。

う~ん、該当してなくもないが、、、ここの職員・いいトシ45歳・看護師というプライドで、救急車で自分の病院に運ばれるって事態はなんとしても回避したい。

(ハーセプチンはあるけど)抗癌剤4クールが終わったーって、うかれてたから、、、、(反省)
忘れつつあったこの抗癌剤後の副作用・気分不快に、
『忘れんじゃないよ~』って言われた気分でした。

一晩寝て、今朝はボチボチ回復。治ってきてよかった。(しかし自分の体力のなさに凹む、、、)


恐るべし、造影剤



皆さんのクリックが励みになります~
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ


2011-11-10 (木) | 編集 |
さてEC療法が終了し、今月末からはハーセプチンが開始予定である。が、腫瘍内科の主治医からは、ホルモン療法の話がなかなか聞かれない。
それで私の方から切り出してみた。

私 『ゾラデックスとか、リュープリンはいつから開始ですか。』
Dr 『ハーセプチンが終了してからになります』
私 『ハーセプチン開始とホルモン療法開始の時期は、ハーセプチンが終了してからホルモン療法開始でも、ハーセプチンとホルモン療法同時開始でも、どちらが勝れているというエビデンスはない、、、との事は承知していますが、出来れば先生、同時期開始を希望したいのですが。』
  (ホルモン療法が1年遅れるのはなんとなく嫌だなぁ。1年早く始めればその分早く終わるんじゃないの)

Dr 『わかりました。次回は初回のハーセプチンなので、副作用のこともありますから、同日は避けて1週間ずらして開始しましょう。ゾラデックスとリュープリンどちらにしますか。学会ではゾラデックスを推奨しています。ゾラデックスの方が再発抑制効果がわずかながらリュープリンに勝っているという報告があります。』
私 『そうですか、、、ではゾラデックスで。』

あぁ~なんて優柔不断なんだろう、、、、
でも再発抑制効果が勝っているなんて聞かされたら、ゾラデックスって、つい言ってしまうよね、、、、。

閉経前のホルモン感受性乳癌用の卵巣機能抑制療法に使用されるゾラデックスとリュープリンの比較についてだらだらと考える。

ゾラデックスは周知のごとく
   毎月注射(3か月製剤は現在開発中とのこと)
   固形のため針が太い   
   臨床試験におけるデータが豊富で世界的に標準使用
   私が外来勤務時(16年前)には乳癌患者さんに既に使用されてました
リュープリン
   3か月に1回注射(1か月製剤と3か月製剤があり選択可能)
   液体製剤のため針はゾラよりは細い   
   リュープリンは歴史が浅いためデータが少ない

看護師してて数えきれないほど患者さんに(医師の指示の下)注射打ってきて、痛い思いさせてきちゃったけれど、自分が受ける側ならやっぱり痛い回数は出来るだけ少ないほうがいい。
3か月に1回で済むなら、リュープリンに心惹かれる私。それに薬価が2倍で効果が3倍ってのが気になる。


2年間治療したとして、概算をだしてみる。

ゾラデックス   1回 14,650円×12回/1年×2年間=351,600円
リュープリン
   1回 24,990円× 4回/1年×2年間=199,920円 
        351,600-199,920= その差2年間で151,680円
   2年間で15万円(予想)も差がでるなんて。15万円は大きいわ~
                  ※ あくまでも参考~の値段です、実際は施設によって変わります。


自分がリュープリンを選択して数年後再発したとして、その時
『あ~あの時ゾラデックス選択しておけば良かった、、、』とは後悔しないと思う。
乳癌再発したらそれはリュープリンのせいではなく(15万円ケチったからでなく)、運命だったっていうか、きっとハーセプチンでも手に負えなかった強靭なHER2蛋白のせいだと思うんです。

15万円余分に費用かけたって、再発するかしないかは(私の場合は)HER2のみぞ知るだと思う。


次の外来で、
やっぱりリュープリンにしようか、悩んでますって言おう。


私のブログを見てくださったかたで、ゾラデックスやリュープリン使用されている方、どうやって決めましたか。
そのまま医師から勧められたとか、こんな文献があるとか、値段とか、痛さとか、副作用とか、聞いた話とか、なんでも!参考に教えていただければ幸いです。


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ

皆さんのクリックが励みになります~


2011-11-08 (火) | 編集 |
今日もぴこるるは病院に行ってきました。
今日はまだ心臓超音波検査じゃないんですよ~。
今日は耳鼻科に。結果、耳鼻科にかかって失敗した話。

先週子供から風邪をいただいてから、どうも鼻がひどい。鼻水が多いし、すっきりかめない。
副鼻腔(鼻の奥)がどうもおかしい。膿が溜まっているみたい?副鼻腔炎か?
いわゆる蓄膿症ってやつね、、、、。

私は以前にも副鼻腔炎(蓄膿症)になったことがあった。
頭痛がして頭痛がして、夜勤の最中に脳外科の先生にお願いして緊急CTを夜中に撮影してもらった。
もしかして脳腫瘍か?なんて心配しながら。結果は耳鼻科の副鼻腔炎だった。
脳外科のバツイチイケメン医師に、
『耳鼻科だよ、、、、フッ』
って、鼻で笑われた過去がある。

実は先月あたりから鼻水がすっきりせず、副鼻腔炎の症状は出てきていました。抗がん剤で骨髄抑制きてるから、副鼻腔炎になりやすいのかな~膿がやっぱり溜まりやすいのか、、、って考えていました。

とうとうつらくて本日耳鼻科受診してきた。
耳鼻科は、知らない若い先生でした。私にレントゲンを撮ってこいとの事。
あぁ~恐れていた事態発生。耳鼻科の写真は頭蓋骨を撮るんですよ。私のズラには金属製の金具ちゃんがついている。
全員お知り合いの男性レントゲン技師さんばっかりのなか、
『あの~アタシ今ハゲちゃっているんですけど、、、、やっぱレントゲンはカツラ取らなきゃダメ?』
『ダメ!』
『帽子はいいよね~帽子は~、、、だってあたしハゲてるし、、、ゆるしてもらえるよねッ!』
という無理やり強引にニット帽かぶったまま撮影終了。

パパッとインナーキャップとズラを装着し、さらにニット帽をかぶって早々にレントゲン室を退出。
その足でトイレへ直行し、鏡でチェックしたら、後頭部ズラがひっかかったままで、盛り上がってた!
どうりでさっきすれ違った女性こっちジーって見てたな、、、、これだったか。チッ!

こんなに苦労してレントゲンしたのに、今日の耳鼻科の若い医者は、副鼻腔炎はまだたいしたことがないし、抗癌剤治療中なんだから、あまり余計な抗生物質は飲まない方がいいです~とか言っちゃって、薬だしてくれなかった―――――
ガ―――――ン、、、、こんなに鼻苦しいのにシクシク~~

腫瘍内科の主治医から薬処方してもらえば良かった。耳鼻科の薬飲んでいいですよ〜、私が処方しましょうか?って、言われてたのに。
腫瘍内科から頂いていたのは抗生物質のクラビット(発熱時使用)だけなんですよ。
副鼻腔炎に効果ありといわれているのは、クラリス(クラリスロマイシン)なんです~
あたしはクラリスちゃんが欲しかった、、、、、、残念。

耳鼻科の医師は最後に『よく鼻をかんでください』といいはなった。
かんどるわいっ!

私が2月に、、、もし手術室に復帰したら~~~この耳鼻科医師いじめたる!って心に刻んだアタシ、、、、

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ

皆さんのクリックが励みになります~


2011-11-07 (月) | 編集 |
最後のEC療法4クール目から6日目、そろそろ冷蔵庫内の食料が寂しいので、今日は久しぶりのシャバ(スーパー)へ出かけてみようかな~と思っています。

次回の治療は、初ハーセプチンです。
私の病院は初回ハーセプチンでも入院ではありません。以前は入院で施行していたそうですが、現在は全て化学療法センターでの日帰りです。

ハーセプチンには心毒性があるとのことで今度また、心臓超音波検査(UCG検査)を受けなくてはなりません。
今週の金曜日です。

私は自分の勤務する病院で治療を受けているので、病院中あらゆる場所に知り合いがいるのですが、、、、超音波室にはSさんの旦那さんが勤務しているんです。
Sさんは手術室で一緒に働いた同僚です。奥さんのSさんは老人介護施設に転職してしまったので今同じ病院ではないんですが、Sさんの旦那は超音波室の技師さんなんです。

私が手術受ける前、心電図検査の時も、Sさん(旦那さん)が私の心電図をしそうだったんだけど、私が
『え――――、Sさんじゃ、やだぁ――――
と、声をあげて抵抗し、別の女性技師さんに替わってもらったのです。

あの時はまだ両乳があったけど、今は片乳だし、、、男性技師さんに検査されるなんて、ますます嫌だなあ。
それも友達の夫、、、、、ちなみにSさん(奥さんの方)は爆乳だし、、、、

あんたも治療中で、あーだこーだ、言ってるどころではないでしょ、向こうだって、見たくて見る訳ではなんでしょ、お仕事なんでしょって、言われそうですが、、、、でもやっぱり友達の旦那に乳見せるのは恥ずかしい~です~。

最近は~、夫にだって見せてないのに~
今週の心臓超音波検査、、、Sさんじゃないように。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ

みなさんのクリックが励みになります~