以前はドSな手術室ナース。今はM気味な外来ナース。しかし家に帰るとにゃんず3匹を溺愛する、妄想好きのオタクな女の古(←こ)なのよ〜。2011年からの乳癌治療の話もちょっとだけね。
2017-08-13 (日) | 編集 |
インターネットを何気に見ていたら
小池百合子都知事が率いる「都民ファーストの会」が、
条例で子供がいる自宅や自家用車内での喫煙制限を検討しているというアンケートを目にした。




ワタシは自分が煙草を吸わない人なので
喫煙制限には賛成なんです。



大昔、ワタシがオペ室の新人ナースだった20歳代の頃
オペ室の先輩ナースは30歳代、40歳代、50歳代と独身者が多くて
その殆どが酒豪でさらにヘビースモーカーだった。

オペ室の女子更衣室は、
タバコの煙で室内がまるで霧のように、靄がかかった状態だった。

相手がベテランの先輩達なので、
まだ「ひよっこ」だった自分はタバコの臭いが嫌とも言えず、
ただ黙って副流煙の中、耐えるしかなかった暗黒時代だった。

当時のヘビースモーカーの先輩看護師達が
その後、肺癌になったか?というと、そんな事は無い。

それに、
ヘビースモーカーがなる肺癌には『扁平上皮癌』が多く
非喫煙者がなる肺癌には 悪性度の高い『腺癌』が多いと言う、肺癌の矛盾さよ。

ヘビースモーカーのあの先輩達は、
(定年)退職した今もお元気と風の噂で聞いており、
ワタシが40歳代で癌患者になったという、この矛盾。

たまに、なんだかなーと思う事もあり。



そう言えば、
先日の乳癌学会でちょっと気になった出会いがありました。


いや、、、
ちょっとした事なのです。

ほんのチョットの事なんですけれど
どーしてもワタシにはモヤっとして、こうしてBlogに愚痴っています。



先日の 日本乳癌学会学術総会には
医師だけでなく看護師さんも沢山参加されておりました。

参加される看護師さんの中には
『乳がん看護認定看護師』と言う特別な資格を持った看護師もいらっしゃっておりまして。



ワタクシ今回
何人かの乳がん看護認定看護師さんとお話しする機会があったのですが、

その中で、、、、
喫煙する『乳がん看護認定看護師』をお見かけしたのでした。


ワタシは煙草を吸う『乳がん看護認定看護師』に正直、戸惑いました。


『がん看護分野の認定看護師』 は清廉潔白な人であって欲しいとか、
模範的なナイチンゲールのような看護師であれ!って強制しているつもりは無いんですけれど、、、、



今はどこの病院でも敷地内禁煙が多いから
宴会とかプライベートで食事にでも行かなければ、
実は同僚看護師がスモーカーであるか、わかりにくい時代ではあります。
職場では吸わないと、喫煙を内緒にしている人もいるからです。


喫煙が
個人の自由である事は十分理解しています。

だから看護師の喫煙する行為に対して、何も言いはしない。
しないけど、でも、、、、なんだかな〜〜

そんな モヤッとした気持ちでした。



看護師の喫煙率ってけっこう高いので、
同僚の看護師の喫煙を知っても、今までは驚くことは無かったのですが。


でも、、、、
「がん看護分野の認定看護師」には
喫煙をしていて欲しくないっていう感情が自分の中に有ったんですよね。



喫煙する行為と、がん看護の認定看護師って、それって相反しているような気がするんです。
貴方のタバコの副流煙を 周りの人に吸わせているって自覚していないというか。

仕事で、がん患者に関わっているけれど、でも
自分は癌には ならないって思っているからこその、喫煙なんだろうと。



ワタシの中に、
他の多くの看護師にとっての役割モデルである『認定看護師』『 専門看護師』は
やはりこうあるべき!っていう
思い込みや・思い入れがあるんですねぇ。



以前Blogに書いたことがあったけど、
30代の頃、手術看護の認定看護師を目指せなかった
その悔しさもあるのかなー。


だから、厳しい目で見てしまうのかな。

健康な認定看護師さんに対する 単純な僻みかな。





ワタシが腹黒だからかなーー(笑)







2017-07-14 (金) | 編集 |
7月13日

この日から3日間
日本乳癌学会が開催されます。

学会の開会式は8:50からですが
不真面目看護師の代表のようなワタシはですね
午前中の「学会開会式」や「会長挨拶」には参加致しませんのよ。

バスにてまず向かったのは、、、、
太宰府天満宮。

不真面目看護師だけど、学問の神様には御詣りしたいんです。

20170713235532164.jpg

初めて来ました、学問の神様。

我が家には、今年は受験生はいないのですが
それでも1度は訪れて見たかったのです。

20170713235534547.jpg

電車を乗り継ぐより簡単だと教えてもらい高速バスで到着しました。

先日までは九州は大雨だったのに、すっかり夏の日差しです。
朝早いから、それでも空いている様子。

でも、周りの観光客すべて韓国?中国?からの団体さんです。
ネットの口コミで聞いてはいたけど、ココまで外人さんが多いとは。


この牛の頭を撫でると頭が良くなる⁉️と聞いたので、
とりあえず撫で撫で〜してみた。

20170713235535840.jpg

とても暑かったのですが、、、、、
池とか、橋とか、楠とか、、、、、庭はすごく素敵です。
長い歴史を感じます。

20170713235537644.jpg

韓国の方に負けじと、ワタシも写真を撮ります。

まずお賽銭を入れてお参りをしてから
家族への御守りを購入です。

学問の神様とは言え、御守りの種類が多いので
どれにしようか迷いましたよ。

先日の大雨の災害の募金箱も設置されていたので
しっかり募金もさせていただきました。

絵馬などを見て回ってから
帰り際に、思いつきでおみくじを買ってみました。



おぉ〜〜
大吉ですよー。

願望 : すべて叶う。控えめにせよ。
病気 : 神を信じ、医師の指示に従いて全快す。


なんだか出来過ぎな?良いおみくじを引き当てました❗️



そろそろ11:00
学会のランチョンセミナーに間に合うように
また高速バスに乗り、学会の会場を目指します。

20170714115615f1e.jpg

12:30 ランチョンセミナーにギリギリ間に合いました。

友人とは聞きたいセミナーが微妙に違うので、
会場では個人行動。

今年の学会は、Advance Care Planning(ACP)のお話が多いですね。
(ワタシが看護師だから、特にそう感じるのかな?)




続きはまた。



2017-07-13 (木) | 編集 |
7月12日
スカイマーク便にて福岡空港に到着。


乳癌学会は明日13日からで、余裕を持っての前日入りしました。

乳がん看護の認定看護師2人とワタシの3人で
駅前の「俺のフレンチ」でまずは腹ごしらえを。

それぞれの欲求のまま、食べたい物をチョイスし、
3人でシェアして美味しくいただきました〜。

201707131442530b6.jpg

ただ残念なのは、デザートのワゴンのケーキ類がイマイチと感じたかな。


博多はちょうど
山笠のお祭りの時期。

今日も山車が走るところを見れますよ〜と聞きつけ
ホテルチェックイン前に祇園に見に行ってきました。



ワタシの地元にはこのようなお祭りはないので
友人2人とワクワクしながら見学しました。


フンドシ姿の男性陣を
こんなに沢山近くで見ちゃったのは初めてかも⭐︎ふふふ。


20170713144546eca.jpg

そして夜は、
全国の、バリバリ働いている
乳がん看護の認定看護師さん4人と

なぜか、不真面目看護師代表のワタシ❗️の5人で

美味しいモツ鍋のお店に連れて行ってもらいました。

乳がん看護の認定看護師4人の
ぶっちゃけトーク じゃ無かった、真面目な話を聞きながら
お隣でふむふむと、
うなずく振りをしつつ、ひとり鍋をつつくワタシ。

見て見て ニラが山盛り。

20170713145026d86.jpg

うん、、、
美味しかった❗️

美味しかったけど、、、、、

この日
思いっきりニンニク臭いオバちゃんになりましたワ。






2017-03-18 (土) | 編集 |
インフルエンザで休み
そのままリフレッシュ休暇に突入
10日ぶりに出勤した日。

ワタシ以外にも
インフルエンザに感染した内科看護師いたのかな❓
もしもワタシが感染させていたら申し訳無かったな。
そこまで考えたのですが、それは余計な心配でしたね。

ワタシ以外、ナースもクラークも インフルは存在せず。
まぁ❗️なんて皆さん丈夫な身体なの〜(笑)



身体がか弱いのはワタシだけなのねぇ(泣)




インフルエンザの感染源だったT先生と
一緒に仕事したのはワタシ以外にも居たのに
感染したのは唯一ワタシだけかーーーい。

あの日、帰りにワタシとお喋りしてたスタッフも、
誰一人として感染していない。

(いやいや、ワタシから感染(うつら)なくて本当に良かったんですけどね)

毎年、皆んなで同じ予防接種受けてるのにねぇ。
今年、ワタシだけインフルエンザ、、、、
(それも人生初めての感染だし)



ワタシだけ、
その理由を考えてみた。

考えた末に、
たどり着いた結論は。





免疫力が下がっているんだね、うん、きっとね。
体力とか、抵抗力とか、落ちているのよ。 ← 思い込み❓ただの加齢❓



半年前、内服薬がアロマターゼ阻害薬になり
関節痛が増強した。

最近は、歩き出しが
両足ガクガクブルブルしてて、本当に転びそうだし。

骨粗鬆症も少しずつ(多分)出るだろうし。


それに毎日残業・残業で平日は毎日帰りが遅いし。

とにかく
平日はいつも疲れてます。
運転して家に帰るのが20:00〜21:00過ぎは毎日で
夕食は22:00とか、、、、。
もちろん夕食は手抜き❗️もしくは食べない日も。

土日に休んで、
身体が少し回復して、月曜日にまた出勤ってのを
毎週繰り返している。


先日、外来師長に
「自分をもう内科から外してほしい」
と、言ってみた。

2年頑張ってきたけど、体力に(内科に)自分の限界を感じている。

以前もBlogに書いたけど
内科のスタッフ数は他の整形や外科よりは多いんだけれど、
それはうちの内科ブースが異常に広いから。
内科はもともとの看護師数が多いからと、
どんどん正職員看護師が減らされて
今ではパートの看護師と、産後の短縮勤務の看護師ばかりで
残業の出来る正職員(フルタイム)の看護師はたった⚫️人のみ。

『ぴこるるさんが内科から移動したら
内科を回せる人(采配出来る人)がいなくなってしまう。』

師長はそう言うけれど、
【内科が出来る人】 じゃ無くて 本音は 【残業が出来る人】 だってワタシは理解してる。

外科外来のリーダーをしていた時は、
自分で言うのもなんだが、うまく運営出来ていたと思う。
さらに残業時間はそうでもなかった。
外科は終わる時はスパッと終わるのだ。

でもここ内科は違う。
内科はブッチャケ『何でも屋』なのだ。

そして患者さんの数が、外科や婦人科とは比較にならない程多い。
午前中、どの科にかかったら良いのかわからない初診の患者さんは
取りあえず全て内科に集まってくる。
問い合わせ電話もかなり多い。

救急車こそ来ないけど「救急センター」と同じレベルの
看護師のトリアージ能力が問われるのだ。
若い看護師やパート看護師から「ぴこさん、ぴこさん」と助言を求められ
午前中はそんな采配でバタバタで、
それから夕方はいつまでもいつまでも終わらない。

定時で帰って行く
整形外科や耳鼻科、皮膚科の看護師を横目でチラッと見ては
恨めしく感じたり。

なんで「癌患者のワタシ」がこんな毎日残業残業で
⚫️⚫️科の(癌じゃ無い)あの人は定時で帰れるのさ〜〜

そんなブラックな事を思う 腹黒 看護師になってます。(笑)

(本当は夜勤免除されているだけでも有り難く思わなくてはいけないんですけどね。)


やっぱりリフレッシュは必要だよね。

今日は午後からちょっとお出かけしてきます。




2016-12-11 (日) | 編集 |
先週の土曜日
同級生のK(乳がん看護認定看護師)と出かけてきました。

いつもの 乳癌学会 関東地方会です。

img686 ②

電車の中では
Kの仕事上の悩みを聞く側で
「認定看護師も大変だなぁ」って、つくづく感じたり。

ワタシは「夜勤免除された」お気楽看護師な立場なので
その点は気が楽⭐️
(役付きになると、下のスタッフの手前有給は取れず、海外旅行なんてそうそう行けない)

一旦会場に入ると
会場の中ではお互い個人行動。

乳がん認定看護師のKと、
看護師だけど患者でもあるワタシでは
聞きたいセミナーや講演が微妙に違うのです。

LINEでお互いが何処の会場にいるのか時々チェックして
19:00の電車で一緒に帰ってきました。

乳がん組織における遺伝子の発現解析アッセイサービス
Cure best® 95GC Breast の話が良かったかな。

乳癌の再発予後予測検査であるオンコタイプDX「乳癌診療ガイドライン2015年版」の推奨グレードB
マンマプリントの様に海外では無くて
国内(神戸)にラボがあって国内で測定解析出来るため
価格がずっと抑えられているのが良いです。





その他
講演会のお知らせなど。

img682 ②

img683 ②

山内先生の
「乳がんを乗り越えて、ますますあなたらしく」
テーマが良いですね❗️
どんなお話なんでしょう。興味がありますネ。

img684 ②

img685 ②